広告

2018-2019シーズン 宇野昌磨選手 Best5

宇野昌磨

 2018-2019 勝手に!宇野くん演技ベスト5

新シーズンが始まったというのに、なにをいまさら?とは思いますが、
自分のために残しておきたい。

1位:グランプリシリーズ カナダFS

これはSPのアクセル失敗が宇野くんにとって、
かなり悔しかったのだと分かる演技。
すべてのジャンプ、すべての要素に全力な、
ぎっらぎらな月光でした。4Sの美しさも◎

youtu.be

2位:全日本SP
気迫漲る闘士の演技。
後半の膝つくところ、足の痛みに顔をゆがめながらも
動きは止めない。
滑り終えてのガッツポーズ振り下ろし、キスクラに向かう際に
力が入らない足で躓きかける自分に笑い、待ってくれている
両先生に笑う。
リンクに送り出す時には本当に心配そうに見つめていた
満知子先生美穂子先生が、やっと笑顔を浮かべ大事に彼を抱きしめる。
それら全部込みのドラマ。

youtu.be

3位:国別FS
スタート!restart!
4-3のコンビネーションが決まって、本当に嬉しかった!!
しかも、AF-3T!!
アクセル‐4T挑戦で転倒しても、体力全部注ぎ込んで最後まで
滑りきった。フィニッシュ直後のすがすがしい表情は
雲が晴れてまっすぐに地に注ぐ月の光を仰ぎ、輝いている
ように見えました。

youtu.be

4位:四大陸FS
優勝!金メダル!
金メダルを掲げた笑顔、最高でした。
その笑顔が嬉しくて、スポーツ新聞買いに走りました。笑

youtu.be

5位:全日本FS
満知子先生が肩を叩いて気合注入で送り出す。
宇野くん自身、スタート地点に立って両太ももを叩き気合注入。
後半にかけてどんどん調子をあげていく、洗練された
プログラムを見せてくれました。
スケートカナダの気迫とはまた違う、深く自らの内に潜水
していくような静かな凄みを感じて、カナダの前半と
全日本の後半を足したら、えらい神演技だなあと、ため息。
「ぼくにとっては一番の大舞台。弱さ見せずに滑りきる」
の言葉を演技で証明してくれました。

youtu.be

5位:グランプリシリーズ カナダSP
シーズン始まるぞ!の気合がだだもれるような強い演技。
アクセルで壁に激突も、すぐに立ち上がり、そのあとは
油断した自分が許せないといったかんじで、ラストまで
たたみかけるたたみかける~。
フェンスぎりぎりバタフライの迫力に観客のお姉さんたちが
思わず身を引くぐらいの勢いといい、フィギュアスケートが
こんなに「スポーツ競技」に見えたのは珍しい。

youtu.be

いや~。語ったね。
そして、Best 5 とか言いながら、6動画あるし。笑

番外編:NHK杯EX
もう、この宇野くんはひじょーに楽しそう。
観客のみなさんも本当に楽しそう。

youtu.be

NHK杯、私がチケットとれたのはSPだけだったんですが、
会場の雰囲気がすこぶる良かった!
フィギュアスケートが好きで、滑ってくれる選手すべてを
リスペクトして応援している感じに溢れていて。
あの空間に参加できたことの幸せは、思い出すといつまでも
心が温かくなる。

オリーブ冠表彰式もなごやかで素敵な雰囲気がTVの画面越しに
伝わってきました。

国別も素敵な雰囲気だったなあ。
2019-2020シーズンも、こんな試合がなるべく多く見られるといい。

動画沢山、お借りしました。ありがとうございました。