広告

ぴあ にクレーマーになった話

町田樹

JO,CaoI2019に宇野くんが出演決定!
チケット先行販売のお知らせメールが    ぴあ から届きました。
今年は残念ながら行けない私ですが、昨年のJO2018は、premium席 を get すべく動きました。なにせ、町田くんの引退公演!!!

f:id:sansan7byo4:20190706201534j:plain
理想という名の「幻の蝶」を追って どこまでも駆けていく男、まっちー。
※この場合、彼が実際に追っているのは オデット姫(白鳥)です。

本来、私は全体の滑りを見ることが出来る方が好きなので、
最前列は選ばないのですが、町田くんの滑る姿が、もう見られなくなるのです。(TOT)

しかしっっ!!無常にもpremium席は落選。当たったのは SS席 でした・・・。
まあ、仕方ないか・・・。と気落ちしながらも、あきらめたのですが、なんてこと!
翌日のメールで、またもや ぴあ から premium席 販売のお知らせが!!

怒り!

まだチケットあるなら、どうして私は SS席 なんだぁ。
当選したらキャンセルは出来ないのに、またpremiumにエントリーすれってこと!?

怒りは収まらず、高まるばかり。そして、わたしは クレーマー になりました。
ぴあ のお問い合わせメールに、

「なんで、SSしか当選させねーくせに、次の日にプレミアム席の抽選販売のメール、寄越すんだよっ。複数希望(第2、3希望)で申し込んだ人間には第2の方を優先させるのか?ひどい仕打ちじゃね~か!恥を知れっ!」と。
※実際のメールはもっと社会人としての良識ある範囲内で書いています。

その怒りのメールへの ぴあ からの返信。
実際のメールは(腹が立ったので)既に削除して残っていませんが、

「こちらがすべてのチケットを最初から抑えているのではなく、一次販売で割り当てられたpremium席の枚数ではあなたは残念ながら、落選でした。御理解ください。」

・・・俺たちのせいじゃないのよ。むしろ、中間管理職のように、おまえのようなクレーマーの矢面に立たされている俺たちこそ被害者・・・的な。

・・・ということで、premium席をgetしたい場合は、
その他の希望なんていっさい書いてはいけないんだと学びました。

f:id:sansan7byo4:20190706165623j:plainSS席7列目からの風景

実際の席から見たリンクがこちら。
キスクラは真横からだし、演技を追うTVカメラのクレーン棒(?)がかぎりなく邪魔だし・・・。
休憩時間に移動して検討した結果、S席が一番私の好み―滑りの俯瞰も出来るし、スケーターを豆粒のように感じない絶妙の距離感だと分かりました。
今度、さいたまアリーナーの席を取るときは、最初からS席狙いでいきます。

もちろん、わたしの席どうこうは関係なく、

町田樹「ダブル・ビルーそこに音楽がある限り」最高でした!