広告

宇野昌磨沼に落っこちた日。

宇野昌磨

今回は、私が 宇野沼 に みごとに 落っこちた時の話を書きます。

平昌おち、ミラノおちetc… 沼への落っこち方は人それぞれ。
私は バルセロナおち です。

動画、お借りします。

www.youtube.com

本田武史くん引退から長いブランクを経て、
ソチ五輪EXの町田樹くんでフィギュア観戦に戻ったのも束の間、
2014年12月、まっちーの引退。涙

どーしようかなぁ。また、見るのやめようかなぁ。と思いつつも、
たらたら見ていた2015年シーズン。

そして!

バルセロナ、グランプリファイナルの
宇野昌磨 がやってまいりました!

お借りした上の動画 SP Legends

3:04で演技終わってからの3:07。
演技振り返りで言えば、4:34。
この瞬間です!

f:id:sansan7byo4:20190816194341j:plainキメっ! からの

f:id:sansan7byo4:20190816194524j:plain

くるっ。「せんせー、ジャンプ1個やっちゃいました」と、報告。

とぷんっ・・・・・・。

沼に落ちた音、自分でもはっきり聞こえましたよ。笑

そう、宇野くんはギャップ番長!!

このSP演技スタート前、美穂子コーチの言葉をうんうんと
真剣な表情で聞く宇野くん。
ちょっと緊張してるね。と、思った瞬間に美穂子コーチの男前なビンタ!

びっくり~。宇野くんもびっくり!
でも、いい具合にウヒャ笑顔でそのままスタート位置についた宇野くんは
すでに……

f:id:sansan7byo4:20190816194240j:plain
この集中。

まさに中庭健介さんの言葉通り。

名前をコールされて、ニコッと笑って(樋口)美穂子先生から離れて。
そこからスタート地点に立つまでの10秒くらいで、一気に!
彼だけの世界ができあがるんです。
(中略)
数分後、音楽がやんだら、またひゅうっと彼から何かが抜けていく
ように、元の昌磨に戻る。
引用:Trace on Ice2018.2双葉社発行 p.35

演技は思い切りの良さが光る本当に気持ちいいもので、だからこそ、
最初の4T転倒がもったいなかったなぁと、思っていたところに
あの 美穂子先生への報告 だったので、もうねえ( ^ω^)・・・ 。

これは、落ちるでしょう。笑

FSは、SPの時以上に緊張感あふれる真っ白い顔で、大丈夫か?
とハラハラ ーーからの、

www.youtube.com

素晴らし~い トゥーランドット!!!!(←いっぱい!付けちゃうぞ)

ためらいとか委縮とかそういう要素が一切ない、
どこまでも大きく広がっていくような のびのびとした演技!
時速計りたくなるクリムキンイーグルも、あのままどこまででも
滑っていけそう。
この時の宇野くんには、リンクが狭かったですよね。
琵琶湖 凍らせて滑って欲しいくらいでした。

このFSが沼から這い上がる気力も奪ったとどめでしたね。笑
おまけに4位からの逆転で、男子シニア参戦の初年で銅メダルとっちゃうし。

これで、私がフィギュアスケートを当分は
見続けることが決定致しました。
ありがとう、宇野くん!!宇野くんのせい(おかげ)だよ!!

私が宇野沼に落っこちたのはバルセロナSPですが、
それ以前の グランプリシリーズ仏ではすでに宇野くんのことが
気になっていました。

フランス大会はテロの影響でFSが中止となり、SP1位の宇野くんが
そのまま優勝。
演技とともに印象的だったのが、宇野くんのしっかりとした受け答え。

自分の成績がどうこうよりも、フランスの人たちを気遣い、
こういう時に支えになることができるような演技をする
スケーターとなれるよう、がんばります。

というようなことを、真面目な表情で訥々と語っていた。
その一連のインタビューを聞いて私が思ったことが、

へえー。この子、「ら」抜け言葉じゃないんだぁ。

でした。
すごく新鮮で、それが一番、印象に残ったかも。
だって、勤め人のいい大人でさえ、「ら」抜かないで話す
人、少ないんじゃないだろうか? って思いますもん。
宇野くんは、今でもきっちり「ら」入れて喋りますよね。
私はそれに気づいてから、自分も気を付けるようになりました。

宇野くんはだから、私の言葉遣いの先生でもあります。笑

そして、とうとうFSの曲名が発表!
自由人さんも、いつもありがとうございます。

f:id:sansan7byo4:20190816233547p:plain

www.youtube.com

Dancing on My own       by Calum Scott

透き通ったきれいな歌声です。
Dancing on My own   僕はひとり、踊る。

これは!これは!!これは!!!
まさしく、私が望んでいたものではないでしょうかぁっつ!
This Town を超えていくプログラムになる予感。

期待して待ちます。