広告

そういえば、ユーリ!!!on ICEの映画ってどうなったの?

ユーリ!!!on ICE

ユーリ!!!on ICE 見てました。
このブログのタイトルの「!!!」も パクリですね。
・・・いや、リスペクトと言おう。
注:旧ブログタイトルが「フィギュアスケート!!!+」なので。

と、言いながら、それほど熱心に追っていたわけではないのです。

リアルタイムではなく、アニオタの友人が録画したものを借りて見ましたし、
別の、よりディープなアニオタの友人が購入したBDを借りて、特典の宮本賢二さんの振付け風景や、声優さんと久保ミツロウさんのオーディオコメンタリーを楽しませてもらいました。CDも借りた。

じゃあ、おまえ何したよ?といえば、LINEスタンプ3回買ったくらい。あ、これも旦那が買ってよこしたような・・・。

しかし折に触れて ふと、
「そーいえば、映画ってどうなった?」となります。

今回も ふと、そんな感じになったので、検索してみました。

ユーリ!!!on ICE 劇場版 : ICE ADOLESCENCE

yurionice-movie.com

この公式サイトにはスペシャルムービーがありますが、ムービーというよりはイラスト、紙芝居的。
動きはなく、曇天から差す光に照らされた冬の海へと砂浜を歩くヴィクトル・ニキフォロフの後ろ姿と先に立って走りつつ彼を振り返るマッカチン。

そして、2019 ROADSHOW と、ヴィクトルの声優さんの声。
…たぶん。なにぶん、声優さんに詳しくないので。m(__)m

うーん。これだけ?
2019年公開って、12月くらいの公開なのかな?
もともとBS朝日のアニメだから、GPFの頃に宣伝入るのでしょうか?

映画の副題の ADOLESCENCE は グーグル翻訳先生から教わったところ、思春期 という意味だそうです。

ちょっと調べてみると、ヴィクトルの思春期が描かれるみたいなことが推察されていました。

ヴィクトルは、いかにしてレジェントと呼ばれるようになったか。
といった軌跡でしょうか。

でも、復帰後のヴィクトルと二人のユーリとの試合はやって欲しいけどな。
他のみんなも見たい。

まだ情報がほとんどないので???が多い記事です。これからおいおい出るのかな?と、また「?」。笑

 ユーリ!!! on ICE 感想いまさら~

このアニメのスケーターで私が一番好きなのが、タイのピチット・チュラノンくん。
性格があくまで陽性。肩にハムスター乗っけてるし。

SP:映画「王様とスケーター」より Shall We Skate?

FS:映画「王様とスケーター2」より Terra Incogita

プログラムが明るい。私は明るいプログラムが好きなのです。楽しそうに幸せそうに滑るスケーターを見て、幸せになりたい。(←病んでる。笑)

宇野くんにも、実は、ただただ幸せそうなプログラムを一度は滑ってもらいたい。

あと、カナダのJJことジャン・ジャック・ルロワも好き。
「イッツ、JJスタ~イル!」ね。

このアニメをスケオタである私も好きになった理由は、既にいろいろさんざん、言い尽くされたとは思いますが、やはり、フィギュアスケートのキモをちゃんと描いてくれているから。

キャラの立ったスケーターたち一人一人にちゃんと違うプログラムが作られ、音楽もオリジナルで、衣装も。

主人公たち三人の年齢設定がヴィクトル27歳、勝生勇利23歳、ユーリ・プリセツキー15歳なとことか。男子シングルスケーターの成長曲線を三人で表している。

JJがファイナルの魔物に飲み込まれながらも、4分ちょっとの演技時間の中で、絶望から一転、落ちかけた崖下から這い上り、立ち直り、滑り切るさま。
その演技見て、涙で手拍子合わせて歌う観客たち。

あと、本田くん織田くんランビエール氏が本人役で登場するし。

ヴィクトルとユーリ のふたりはロシア選手だけど、そこは女子の強さを反映していると思えば。

本田武史解説

an・an No.2046 の ユーリ!!!特集 で、本田くんが ヴィクトル有利ユーリの三選手を解説してました。その言葉がなかなか面白かった。
ちょっと、長いですが、引用します。

ヴィクトルとユーリについて

僕が現役だった頃に活躍していたロシア選手といえば、プルシェンコやヤグディン、クリムキンですが、彼らは揃って非常に存在感が強く、自己主張が激しかった。オレが、オレがという感じなんです。
ヴィクトルもユーリも、そういったロシアン・スケーターの気質を受け継いでいる気がしますね。気が強いし、独特の圧がある。
ただ二人はおそらく、最初から強かったタイプではない。弱さを克服するために、「自分は強いんだ、自分は一番なんだ」と自らに暗示をかけ、そのように振る舞い、滑り、跳ぶうちに、その“強いと思い込んだ自分”が本物の自分になった…というスケーターだと思います。
引用:an・an No.2046 P.93

勇利について

彼が今シーズンここまで飛躍できた理由は、一度ドン底に落ちた状態で、コーチを変えたことだと思います。
もともとGPファイナルに進出できる実力とポテンシャルは持っているし、向上心もある。その向上心は、憧れの選手であるヴィクトルの完コピをする姿勢に表れているんですよね。
彼のように滑りたいという単純な憧れの気持ちの裏には、ヴィクトルの強さを自分に取り入れたらもっと上にいけるのではないか、という思いが実はあったんだろうと思うんです。
引用:an・an No.2046 P.93

このあと、三人の来シーズンに向けてのジャンプ構成を含めたプログラムについても真面目に語る本田くん。ちゃんと全話見たんだね~。
(ちなみに、本田くんの好きな選手は、JJだそうです。)

イケメンわちゃわちゃ 

洗濯洗剤の アタックZERO の 松坂桃李さん他4人が洗濯大好き男子で登場するCM、あれを企画した人が、

「若いイケメンが仲良さそうにわちゃわちゃしているのを見るのが、
女性は年齢を問わず好きだから」

とかなんとか言ってて、完全に分かってるゾ目線 が 何かいやらしいなと思いつつも、ユーリ!!!on ICE が受けた理由も、まあ、根っこは おんなじところにあるのかな、とも思います。

THE ICEの五銃士とか。FOIの先輩後輩リーマンとか。

f:id:sansan7byo4:20190904224206j:plain
an・an No.2046 付録「ユーリ!!!on ICE」描き下ろしポスター
f:id:sansan7byo4:20190804224527p:plain
イケメンわちゃわちゃ THE ICE 2019 五銃士