広告

フィギュアスケート解説(五十嵐さんと佐野さん)

フィギュアスケート

そろそろ、どんどこと試合の放送始まる~。
BS朝日でジュニアグランプリシリーズ。日テレプラスでTHE ICEとFOIの放送。
HDDの容量空けておかないと!

と、いうことで円盤に焼く前に、再度 PIW2019 を堪能しているここ数日。
町田くんの解説も堪能しています。
解説って、大事ですよね。
演技は良かったのに、解説でイライラっモヤモヤって、することあるでしょ、たまに。
逆もまたしかりですし。

で、解説についてちょっと書きたいこと書いてみようかなと思いました。

本当は五十音順に主な男子シングル解説者たちに対して思うことを
書こうと思ったのですが、書き始めてすぐに無理だと悟りました。
長くなりすぎる予感しかない!
そこで、厳選して (笑) 五十嵐文男さんと佐野稔さんのお二人についてだけ書くことにしました。

私にとって、お二人はどちらもキャラのたった、でも真逆!の解説者、という印象。

五十嵐文男さん

私の中で、殿堂入り。
昔からのフィギュアスケートファンはそう思う人多いのでは?
几帳面な丁寧さで、でも決して演技を邪魔しない絶妙なタイミングでのコメント。
品のあるソフトな声音がいい。ちょっと、眠くなる。(←だめじゃん。笑)
たしかなフィギュアスケートへの愛情と知識が裏付けとなった解説です。

本田くん「ドン・キホーテ」についての五十嵐さんの

あの曲を使って見ごたえのある演技にするためには、徹底したバレエの基礎が必要です。本田選手は、手を上げたときのポーズはきれいですが、そこに至るまで手をどう上げていったらいいかという部分まではつかめていないように見えます。

出典:ワールド・フィギュアスケート7「ソルトレイクシティ五輪を振り返って」

という評価も、本田くんの「ドン・キホーテ」が大好き(今も ちょくちょく見ます)で、バレエに造詣が深いわけではない私のような素人も、納得させてくれるのです。

実際のソルトレイクでは本田くんが素晴らしい演技をしたことを心から喜んでくださっている様子がまた嬉しかった。
「狙ってもだめ、逃げてもだめ、守ってもだめですから、自分の今できることをせいいっぱい出し切ってほしい」
ソルトレイク五輪においてSP2位発進となった本田くんへの言葉も素敵でした。

やっぱり解説者って、こうであって欲しい。
素人にも分かる易しい言葉で、でもきちんと技術を教えてくれて、ダメなところも良いところも伝えてくれる存在であって欲しい。

五十嵐さんの滑りは ↓ こちらからどうぞ。

www.youtube.com

 動画お借りしました。ありがとうございます。

演技をみるとわかりますが、話し方や声だけでなく、スケートも品があるのが五十嵐文男さんです。美しい!エレガント!
バレエジャンプや驚きのフィニッシュポーズは、彼の言うところの「バレエの基礎」に裏打ちされた技術なのでしょうね。

佐野稔さん

個性的。唯一無二。笑
明っかるい。(あっ軽い←失礼。)ですよね~。

2017GPシリーズ中国のコリヤダくんがSPで跳んだ4ルッツに
「たかい!たかい!たか~いですね!!」
(いや、ほんとに高かったけどさ。)

2015GPシリーズ仏の宇野くんの4トゥーループに
「まあったく、問題なし!」
(いや、ほんとに問題なかったけどさ。)

――という感じで、とにかくノリがいいです。

コリヤダくんの素晴らしい4ルッツには、演技振り返り時に
「高い高いって、ぼく、5回くらい言っちゃいましたねー。」
(いや、実際は3回です。)
「あんなに余裕もってルッツは降りちゃいけないんだが。」
(いや、それ、だれが決めたんですか?)

――という感じで、佐野さん流最大限の賛辞が楽しいです。
こういう、佐野さんの解説、けっこう好きです。

ジャンプの種類、スピンの種類をただ言うだけの 無味無臭乾燥な解説 では、フィギュアスケートをたまにしか見ないライト層にも面白くないし、濃く濃く見ているディープ層にも、やっぱり面白くない。

平昌オリンピックの スノボ 中井孝治さんの解説は、初めて競技を見た私のような人間でも、ワクワクしましたもの。スタイル入ってます!おしゃれですね!とか。笑
よく、分からないんだけど、スゴいんだね。かっこいいし。って感じで。

だけど、ここから、佐野さんに文句を書きます!宣言して、書きます!

今年のワールド、2019埼玉ワールド  直前にあったワイドショー(バイキング だったかな?) で、佐野さんがメダル争いに絡んでくるであろう 男子上位選手たちの ジャンプ構成やいろいろな情報がまとめられているボードを見ながら、各選手について話していました。

ネイサン・チェン選手の時です。
ボードにはネイサンくんの  2019全米選手権での点数、340点超えが書かれていました。そのことについて聞かれた佐野さんが、
「ナショナルは高めの点数を出すことが多いのですが、それでも高いですよね」
(注:録画していなかったので、記憶だけで書いています。言い回しは異なります。)
と、ここまではいい。問題は、その後、彼が言った、

「わたしは見ていませんが」←って、言葉ですっ!

いや~。そこは、見ておかないとでしょう!!!!

あの、全米のネイサンくんは、凄かった!
凄まじいと言ってもいい。
失敗する気配すらなく、正確無比なジャンプを次々に成功させていき、圧巻の優勝。
ナショナルは点数が甘いとか、そんなこと関係なく、ただただ圧倒されるしかない演技。正しく、他の追随をゆるさない絶対的王者の演技です。

見てしまった私は、「これをワールドでされたら、誰も勝てない。」と、溜息しか出ませんでした。

私は、宇野くんの演技が一番好きで、一番に応援していて、ワールド優勝を目指すと初めて自ら公言した宇野くんに ぜひ、金メダルを獲って欲しい と思っていましたが、
それでも、ネイサンくんのこの演技に勝つのは、かなり難しいだろうと、思ってしまったのです。
それを、フィギュアスケートの解説を仕事としている佐野さんが、見ていないとは!
信じられない思いでした。

リアルタイムで見ることが出来なかったとしても、今日、TVで話そうとする選手たちの演技くらいは見ておくべきです。見ようとさえすれば、録画で、いくらでも見られるはずです。SP/FS合わせたって、10分かかりません。
日本男子選手の最大のライバルとなる選手がすごい点数を出した演技ならば、尚更です。

だって、それが仕事じゃないですか。

事実、ワールドは、全米選手権よりも力を抑えていた(少なくとも、私にはそう見えました。日本に入る前に風邪をひいたとの情報もありましたし。)にも関わらず、ネイサンくんの圧倒的な優勝で幕を閉じました……。

プロスケーターから引退して臨んだ カーニバルオンアイス2018 の解説をした町田くんは言っていました。

「この解説の準備、本当に大変でしたが、準備しがいのある濃密なパフォーマンスが多くて、楽しんで準備させていただきました。」

フィギュアスケートへの愛情の感じられる、まさに、プロの態度だと思います。

最後にお遊び。
お題:「もしも、宇野くんが解説者だったら」

f:id:sansan7byo4:20190912225052j:plain
出典:colantotte

ネイサン選手の演技が(スゴい)好き。現役スケーターの中で一番好き。
……ネイサン選手への愛情があふれていますね。(^-^;