広告

宇野昌磨カレンダーが絵画だった件

宇野昌磨

平らで軽いんだけど、おっきい箱が届きました。

ツイッターで呟かれていたので、大きいということは分かっていましたが、届いたそれは、ほんとに大きかった!

f:id:sansan7byo4:20190913232041j:plain
比較対象物、扇風機。

「なんか、おっきいのが届いたよー。」子どもが受け取ってくれました。

「なに、これ?あ、宇野くんか。」←バレてる。(^-^;

届いたのは3日前ですが、やっと開けましたよ!
週末を待ち、家族がいないスキを狙って!笑

f:id:sansan7byo4:20190913232952j:plain
ど~んと、破壊力ある3枚。

開けてすぐの感想は、「豪華だ!」

今年までのカレンダーよりも紙の厚みが増し、発色も良くなっているようです。
そのため、同じ大きさであるにもかかわらず、迫力が倍増したかのような印象!
(あれ?むしろ小さい。2019年420×594mm。2020年549×364mm。)

私が選んだ7枚は ↓ で、7枚すべて満足、満足の素敵な写真だったのですが、

f:id:sansan7byo4:20190907163042j:plain

中でも、一番に「選んで良かった!」と思ったのが、
11月12月に据えた See You Again の宇野くんです!

f:id:sansan7byo4:20190914000013j:plain

f:id:sansan7byo4:20190914000039j:plain

f:id:sansan7byo4:20190914000059j:plain

……絵画か。

手の甲。指。腱。喉と顎の陰影。フェイスライン。唇。鼻孔。はるかに宙を見つめる瞳。眉。頬と額の透明感。耳朶。真っすぐなネックライン。

陶器のような白い肌 と 髪、シャツ、背景それぞれ濃淡、質感の異なるNoirノワール との対比。ーー完璧です。
(人体のパーツ名称をいちいち書き連ねる私は変態です。

このかんじ、何かに似てる~。
なんだっけ?なんだっけなぁと 考え、ああ、これこれ、と思ったのが、これ。

やっぱり、絵画か。

f:id:sansan7byo4:20190914002940j:plain
Google検索結果:ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス
f:id:sansan7byo4:20190914013916p:plain
出典:Amazon

ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスJohn William Waterhouse1849年4月6日 – 1917年2月10日)は、イギリス画家神話文学作品に登場する女性を題材にしたことで知られる。

引用:ウィキペディア

端正で、一見、オーソドックスな正統派に見えながら、不穏さを感じさせてしまうまでの美しさ。146枚載せて、写真集にしてくれればいいのにという声も多いですし、写真集出たらもちろん嬉しいです。でも、カレンダーのこの大きさ、贅沢なクオリティであってこそ、堪能できる絵画のような宇野くんです。