広告

フレンズオンアイス放送の感想(宇野くん部分)

宇野昌磨 アイスショー

フレンズオンアイス2019 や~っと、観ることが出来ました!地方なので、9月14日の地上波放送はなかったのです。(-_-メ)

THE ICEでは、 みんなと一緒につくる・楽しむ 心づもりでも、座長という立場だった宇野くん。ベテラン揃いのFOIは、少し気が楽?

なにせ、現役は花織ちゃんと大輔さんと宇野くん3人のみ。10代は花織ちゃん、20代は宇野くんのみ。あとのメンバーはオーバー30。THE ICEとはずいぶん違う大人な雰囲気。

Rhapsody In Blue コラボレーション

振付:チャーリー・ホワイト
演技:宇野昌磨 髙橋大輔 チャーリー・ホワイト

公演のいろいろな報道、現地観戦のみなさまの楽しそうなつぶやきの数々!!ず~っと、見たいと思っていたリーマンコラボ。
ほら~。この長久保さん撮影の写真なんて、演者の3人が、めちゃくちゃ楽しそうです。観客は、楽しそうな3人を見て、また、楽しむ。

f:id:sansan7byo4:20191001102753j:plain
きみたち、楽しそうだなっつ。
写真、お借りしました。ありがとうございます。

でも、放送見たら、なんか、どきどき。

先輩リーマンが出てくる前の宇野くんソロパート。
宇野くんは、がんばろうと思いつつも頑張りが空回りして、少々 心折れかけている社会人1年生?

スーツのジャケットを気怠く脱ぎ、そしてまた気怠く着る。

襟!襟!直してよ。ちゃんと着れてないよ!(←気にするのそこじゃないだろ。笑)
やる気なさの演出だからいいのか?
宇野くんの襟は、いつも誰かが直すものだからいいのか?

鬱屈としている風で、きれいな横顔で空を仰ぐ宇野リーマン。ビジネスバッグと戯れたりもする。

そこに、シャキーンと登場 出来る先輩リーマン2人。大輔リーマン、チャーリーリーマン。二人のシンクロ滑り、かっこいい!!うつくしいっ。

しゃきしゃき仕事する2人を最初はしおらしく眺め、投げられるままに2人のバッグを上手に受け取る 宇野リーマン。

うおー。大丈夫か~。落とさないよ~に。大丈夫か~。
やった!3個 無事に重ねた!
で、くるくる回って、大丈夫か~。重くないのか~。(←たから、気にするのそこじゃない。笑)

でも、やっぱり 出来る先輩たちの真似をするのは無理、こんなことやっていられるかとばかりに、バッグを二人に返し、ふたたび脱いだジャケットを大輔リーマンの胸に押し付けて職場放棄。戦線離脱。

ほら、ほら、先輩たちもそんな上着 脱ぎ捨てて、自由に生きようよ! と誘う宇野リーマン。

そんな彼を見てとうとう二人の先輩リーマンも、自分を取り戻し、三人そろっての自由謳歌の舞。

以上、リーマンコラボに対する私の解釈です。だいたい合ってる?途中、心の声が入っています。笑

これで、ドキドキした理由も分かってもらえますでしょうか。
だって、宇野くんの緊張感がガンガン伝わってくるのですよ~。

もちろん、滑りの部分は全然、心配していません。実際、最後の 三リーマンの舞 は、三人の力強いスケーティングが ガーシュウィンの音ともぴったり!迫力&美なコラボでしたし。

緊張感が伝わってくるのは、芝居部分です。

放送だと表情が分かるから、投げられたブリーフケース受け取る時とか、「落とさないよーに」の顔になってる。あと、この新人くんは宇野くんの性格ではないので、そこらへんの緊張も。

宇野くんは、先輩の胸に「もう、やってられるかよ」と上着を押し付けるなんて、絶対しないでしょう。だから、押し付ける芝居しながら、「ああ、申し訳ないっ。」って、謝ってそうな感じが、懸命な芝居の中に透けて見えてる。

だから終わった後の挨拶の時には、ちょっと猫背気味に「すみません。申し訳なかったです。ありがとうございました。」な地の宇野くん全開で、パチパチと2人へ拍手。

まあ、ういういしい、ということです。(^-^;

対して、大輔さんもチャーリーさんは、芝居部分の表情もばっちりで、さすがですね。

新生グレスピ

f:id:sansan7byo4:20191001225740j:plain
どこまででも!
写真、お借りしました。ありがとうございます。

この写真、リハーサルなんですね。びっくり。
さすが、宇野昌磨。リハーサルだろうと半端ない気合いが伝わってきます。(それにしても、上半身、すごい撓り具合。(‘Д’) )

今シーズンのSPとして生まれ変わったグレスピ。

やはり、EXのものより、大人しい印象。いや、大人しいではなく、洗練されている といえばいいかな。感覚で滑っていたところをきちんと考えながら滑っているのが分かります。
それはそうですね。いくら野性のプログラムといえども、競技に合致しなければならないのですから。縦に ずんだっだかずんだっだか 滑りながらのリンクへ登場も無理ですよね。(これ、好きだったので、ちょっと残念。)

スピン、ステップが丁寧。そして、ジャンプが とってもきれいでした!
回転がシャープで、より早くなっていて、ドリルみたい。どこまででも飛んでいきそう。ベクトルを逆にしたら、地球の核まで掘り進めそう! 

演技、終わって挨拶の宇野くんの笑顔がこちら!

f:id:sansan7byo4:20191001233435j:plain
やりきった!

どうです。この「やりきった感」に満ち溢れた笑顔は!最高ですよね!なにぶん、画面撮りなので画像の粗さはどうしようもないですが、笑顔のパーフェクトさは分かっていただけるかと。
試合でも、こんな笑顔が見られたら嬉しいですね~。それに尽きます。

オリンピック種目:野球

ピッチャー、本田武史先生。バッター宇野昌磨選手。
宇野くんは、選手というよりも野球少年、なんなら野球少女のように可愛い時もあり。

本田先生、宇野くん、大輔さんでの よーいどんの疾走は、良いもの見せてもらえたわ~ の素晴らしさに、涙が出そうになりました。だって、歴代男子シングルを背負ってきた、そして背負っている3人が揃って嬉しそうに走ってるからさ~。

フレンズオンアイス、放送観戦ですが、ばっちり堪能させていただきました!!