広告

デビュー、おめでとう。NHK杯 2019 三浦璃来/木原龍一ペア

ペア

すでにNHK杯が終わって一週間。その間に何度も演技リピートして見ています。

国際試合、堂々のデビュー戦。三浦璃来/ 木原龍一 ペア!

結成3か月とは思えない素晴らしい演技でした!

5 位 三浦璃来/木原龍一 SP 62.41  FS 117.53

三浦璃来 / 木原龍一 ペア

SP「ノクターナル アニマルズ より」 

ふたりがスタート地点に立って(璃来ちゃんは膝立ち。)音楽がスタートするまでのドキドキさ!
アップになった璃来ちゃんの横顔からも強い緊張感が伝わってくる。

3か月、3か月って、どうなのよ…。大丈夫なの?ねぇ、大丈夫なの?と、無駄に心拍数をあげて見守るTV前。(←私があげてもね。そして、だれに訊いてる? 笑)

それが・・・

キレのある、トリプルツイスト。解説によるとキャッチの時に女性が少し男性の体に触れてしまったということですが、OK,OK そんなん気になんないよ。私は。(←あんた、素人だからね。笑)
そして、すぐさま 美し~く流れる スロージャンプ!( ゚Д゚)おおお。おみごと。

f:id:sansan7byo4:20191127223548j:plain
決まった!スロージャンプ

ここで私の心臓のドキドキは、不安から嬉しい興奮へと変わりました。

リフト 3Tソロジャンプ ステップシークエンス デススパイラル 要素すべてにキレがあり、素晴らしい。スピンが最後少しズレたくらい。

ふたりが滑り終えた後は、

すご~い。ほんとに、たった3カ月なの?国際大会初舞台なの?ほんとに?

と、驚きの「?」にすっかり変わっていました。良い意味で予想を裏切られた。

解説 川口悠子さんの「デビュー、おめでとう、ですね。」の言葉が素敵。(*’▽’)

点数が出て、弾けるキスクラ。

私もTV前で、スタオベしながら拍手。
ゲームとかスマホとか していた家族、白い目。
いや、きみたちがおかしい。この演技見ないで、まりお とか、はじめしゃちょー とか見てるきみたちがおかしい。

f:id:sansan7byo4:20191127224056j:plain
やった!やった!やった!!!

11/22(金)放送のSPを、情報は極力入れないようにして臨場感たっぷりに 11/23(土)の午前中に見終わり、14:30からFSをライブで!

「ああ、完璧な計画」と、自画自賛しつつ見始めた直前練習で、スロージャンプからの璃来ちゃん、ケイン / オシェイ組とのあわや衝突!の場面に「危ないっつ!・・・あぁ良かった。二組ともケガなくて。」といちいち現地観戦の皆さんとシンクロ。

このアクシデントが悪い方に影響しませんように。

FS「Fix You」

二人の ↓ この表情を見て「大丈夫だ!」と確信。良い顔してる。

f:id:sansan7byo4:20191127224145j:plain
心地よい緊張感。

結果は、SP同様、素晴らしい演技でした。

トリプルツイストはSPよりも良い出来、三連続ジャンプもキレイに決め、リフトもルッツスロージャンプもサイドバイサイドのソロジャンプもデススパイラルも。

後半のスロージャンプだけが、唯一の転倒で惜しかったけど、OK,OK。
問題ございませんっ!(佐野稔 氏 風。)

f:id:sansan7byo4:20191129162240j:plain
加速していく演技。

SP6位、FS6位で 総合5位!おめでとう。

TV前、スタオベ拍手。家族白い目。いや、きみたちがおかしい。この演技見ないで、どうぶつのもり とか、ひかきん とか見てるきみたちがおかしい。

SP後のキスクラで嬉しさを爆発させて
「無意識に激しいガッツポーズをしてしまって、小学生みたいだという指摘を受けたんで、今日は控えめにした」と、FS後のインタビューで木原くん。

いいじゃない。ガッツポーズくらい。心おきなく大いにして下さい。

ただ、「小学生みたい」というのも、決して悪い意味じゃないと思う。

木原くんって、私の印象では、なんかほんとに小学生の男の子みたいなんですよ。
すれてないというか、生きているとどうしても身につけてしまう処世術みたいな狡い(こすい)感じがまるでない。
明るくて、ごくごく自然に優しい気遣いができて、男の子にも女の子にも自然と好かれるクラスの人気者というかんじ。

給食をだれよりも早く食べ終わり、「場所とっとくから、おまえらも早く来いよ!」とか言って、サッカーボール抱えてグラウンドに飛び出していくようなタイプ。(^-^;

それはFS終わって、キスクラに戻る途中、観客から投げ入れられた花を拾い、本当にさり気なく璃来ちゃんに渡す仕草にも表れている。

f:id:sansan7byo4:20191129150918j:plain
「ほら、青いのも。衣装に合うぞ。」(少女漫画。笑)

滑りも清々しくまっすぐで、清潔感がある。 璃来ちゃんもそう。

璃来ちゃんも やんちゃな女の子、というかんじ。しゃきしゃきして、影がない。
ドッヂボールで「あいつ、男より強えー玉、投げるんだよ。(可愛いのに)」とか、クラスの男子に言われるタイプ。笑

そんな二人がこれからどんな素敵な演技をしてくれるか、とっても楽しみです。

待ってるよ!ワールド!

ここからちょっと、ブルーなこと書きます。ごめんなさい。 

昨年のNHK杯、奇跡のように素晴らしい観客の皆さんと共に 私が拍手を送ったのは、須崎海羽 / 木原龍一 ペア。SPのチケットだけは、なんとかgetできたので、彼女たちの滑りを生で見ることが出来た、最初で最後の機会でした。
見ることが出来て良かった!
すごく初々しいカルメンで、滑り終えた2人も嬉しそうで、
「こっから上げていって、国別で見るころにはもっと素敵になっているんだろうな。埼玉も出られるのかな?楽しみ~。」などと、のほほんと幸せな気持ちになっていたことを思い出しました。

それが、国別では三浦璃来 / 市橋翔哉 ペア。なのに、今、NHK杯で素晴らしい演技を見せてくれているのは三浦璃来 / 木原龍一 ペアなのです。

たった4分のFSの間に、いろいろな感情で胸がいっぱいになって、泣きそうになってしまいました。

須崎海羽選手も、市橋翔哉選手も、また素敵な演技を見せてください。待っています。