広告

ステファン・ランビエールコーチ

StephaneLambiel
宇野昌磨

あけましておめでとうございます。\(^^)/

今年もスケーターの皆さま、スケオタの皆さまにとって素敵な1年になりますように。
2019-2020シーズンは、まだ続きます!

f:id:sansan7byo4:20200101194000j:plain
2020年1月2月カレンダー in 納戸

カレンダー2020年に換えました。1月だから「UNO1 」にしたことを思い出しました。あと、2020年もてっぺん(1位)目指してがんばって!の気持ちを込めたことを。

THE ICEポスターは、より湿気を吸っております。冬だな。(^-^;

ステファン・ランビエール 

宇野くんがあまりに嬉しくて隠していられず、「たぶんステファンのところに…」とフライング気味に「言っちゃった」ステファン・ランビエール氏のコーチ就任。

まー、宇野くんはもともと訊かれて隠しておく、ということが嫌いなかんじ。

コラントッテインタビューでも、インタビュアーの方が遠慮して質問を変えるということが結構ありましたよね。

ですが、これは、ほんとに嬉しくて言っちゃったかんじ。

宇野ファンも歓喜でした。

「宇野くんが最良と思って下す決断ならば、コーチ不在でも、どのコーチに師事するのでも全力応援は変わらない」

と思いつつも、スイスの短期合宿から(その前から?)「ステファンコーチ」を待ち望んでいた人、多数。

実は私は、表現力はもう宇野くん十分持っているから、ジャンプ成功重視で、(現役時代めちゃくちゃジャンプ好きだった)ブライアン・ジュベール氏がいいな(イケメンだし 笑)と密かに思っていましたが、彼の名前は1mmも出てきませんでした。(^-^;

f:id:sansan7byo4:20200102071021j:plain二大イケメン。写真:YUTAKA アフロスポーツ
画像はnon-no web20191126よりお借りしました。ありがとうございます。

まあ、ジャンプの方は本田武史コーチがいますしね。

私のランビエールさんの現役時代の印象は、スピンがうまい!とにかくイケメン!につきます。(←おい。)

演技としては、プロとして円熟の極みな今の方がとても好き。ほんと、好き。

沢山のアイスショーに出てくれますが、毎回新しい、それも素晴らしいプログラムを用意してくれる。彼の演技は、スタオベ間違いなしです。

振付も素晴らしい。

川畑和愛選手のSP/FS(特にSP美しき青きドナウ 好き!)や宮原知子選手のEXグノシエンヌ1番ほか、好き。

共通するのは、品が良いのに、色気を感じさせるところ。エレガント。そういうプログラムは、貴重です。

もちろん宇野くんのEXラビアンローズも良いですね。

ステファン・ランビエール氏が宇野くんについて語っていた雑誌の懐かしい記事を見つけました。

f:id:sansan7byo4:20200101194150p:plain宇野くんがカワ(・∀・)イイ!! 写真:Hidehiko Tanaka 氏

2016年6月 ロコとラベンダー のブラッシュアップを彼がした際のインタビュー記事です。 指導してみての宇野くんの良さについて語ってくれています。

(前略)彼の良いところは、まず技術力があること。美しく大きなジャンプを跳べます。そして、ふたつめはとてもカリスマ性があるところです。氷の上に立つ彼は、とても魅力的でエナジーに満ち溢れている。(中略)彼が滑っていると誰もが観たくなる。私は彼のカリスマ性のあるスケートがとても好きです。

引用:「フィギュアスケート日本代表メモリアル2016」p.28 2016年8月 スキージャーナル 発行

そして、宇野くんがこれから挑戦すべき点(課題)は?との問いに

彼は上半身の動きが上手で、とても美しい所作ができますが、それをもっと有効的に使うことですね。背骨の動きに上半身をしっかり連動させて、柔らかく動くことが、さらなるジャンプの向上に必要です。次の動作へ素早く移ることが、ジャンプにおいてはとても重要なことですから。

引用:同上

そうそう。「背骨の動きに上半身をしっかり連動させて、柔らかく動くこと」

このことを ランビエールコーチは、宇野くんに再び思い出させてくれたのでしょうね。

年明けましたね。正式発表が待ち遠しいです。