広告

全日本フィギュアスケート2019 男子シングル

the phoenix
男子シングル

9連休明けの5日間連続の仕事はきつい~。意識がどこかへ飛んでいたことに気づくこと幾度か。(^-^; 皆さんは日常復帰、無事になされましたか?

小正月も近い今更ですが、全日本2019男子の感想です。

1位 宇野昌磨 SP 105.71 FS 184.86

2位 羽生結弦 SP 110.72    FS 172.05

3位 鍵山優真 SP   77.41    FS 180.58

令和元年最初の、そして、オリンピック金銀銅メダリスト3人が揃う記念すべき試合。

FS現地で見ましたが、それぞれの選手に対する声援がすごかったです。

今回は層が厚かった印象。どのグループにも実力者、人気選手がいて見応えのある試合でした。

全日本フィギュアスケート選手権 男子シングル(私的独断的)ダイジェスト

髙橋大輔 選手

やっぱり、髙橋大輔選手を語らないわけにはいきません。

以前、新潟で髙橋選手がスケート教室をやった際に、生徒さんを教える大ちゃんに

「大ちゃーんっ!」コール、多数。

県外の方たちも沢山いらしていました。

www.locus88.com

シングル最後の全日本でも演技が終わると、手拍子とともに「大ちゃん」「大ちゃん」と自然発生的な温かいコール。まさに ファンを愛し、ファンに愛されるスケーター。もちろん、私も手拍子。

演技終わって、観客の皆さんに挨拶をする髙橋選手の笑顔が素敵です。↓

f:id:sansan7byo4:20200111111229j:plain
清々しいです。「MOI2019」より

特別出演のMOIでは The Phoenix。

f:id:sansan7byo4:20200111114350j:plainstar!!!!  「MOI2019」

やはりこのプログラムにはレーザー光線や、きらきら色とりどりのライトが似合う!

演技終了後のスタオベよりも演技最中のヘッドバンギングこそ似合う!キケン!笑

ネイサン・チェン選手が FS ロケット・マン について「会場を出ても曲が頭から離れない滑りにしたい」と言っていましたが、大ちゃんの The Phoenix も間違いなく脳内侵略系です。

機会があれば、まだまだ滑って欲しいプログラムですよね。

f:id:sansan7byo4:20200111115221j:plain輝かしい戦歴。「MOI2019」

アイスダンスでも村元哉中選手と共に輝かしい活躍を祈っています!

田中刑事 選手

田中刑事選手は、全日本に強い!

SP 80.90 で4位につけ、思い切りの良い大きな演技で FS は5位171.54。  総合で4位。みごと世界選手権4年連続の切符を勝ち取りました。

f:id:sansan7byo4:20200111175803j:plain大きくひろげた翼のよう。「全日本フィギュア男子2019」

今シーズンの刑事くんの演技にはワクワクする大きさがあります。これぞ、男子フィギュアの醍醐味。大人の余裕。

ワールドは、より自身の殻を破る男っぷりで攻めてください。

友野一希 選手

SP 11位(73.06) からの躍進。気迫のFS(171.63) は4位。 総合6位。

残念ながら、世界選手権の切符は逃してしまいましたが、FSの演技は5位入賞を果たしたミラノワールドを彷彿とさせる素晴らしさでした。

f:id:sansan7byo4:20200111181511j:plain全力!「全日本フィギュア男子2019」

全力を出し切った涙の友野くんに、キスクラでの平池コーチの笑顔が嬉しい。

f:id:sansan7byo4:20200111182024j:plain素敵なキスクラ。「全日本フィギュア男子2019」

「よかったぞー。なに、泣いてんだよ。」って、大きな笑い声が聞こえそう。
友野くんをずっと見てきて、決して甘やかしはしないけれど、いい演技をしたときは誇らしさを隠さない兄貴なコーチというかんじ。
反対にミーシャ―・ジー氏は、あくまでも優しく水渡して、友野くんの嬉し涙に寄り添っているかんじ。

ステキ~。\(^^)/

友野一希選手、四大陸はショート、フリーともに気迫のこもった演技で、またこんな素敵なキスクラの光景を見せてください。

佐藤洸彬 選手

おつかれさまでした。そして、ありがとう。

佐藤洸彬くんの伸びやかなスケーティング、おおらかなスピン、魅せる演技、大好きでした。

FSは昨シーズンからのプログラム「交響曲第5番 革命」SPは新しく「チャップリンメドレー」。

マッシモ・スカリ氏「Too Close」が大好きで、まだ見たい~とも思っていましたが、ラストシーズンは佐藤操先生の振付で って、そりゃ、そうだよね。

そして、チャップリンメドレーは、コミカルな中にかすかなペーソスが混ざった洸彬くんにぴったりの良プログラムでしたし。

f:id:sansan7byo4:20200111203901j:plainがんばれ~。見ているこちらも緊張。「全日本フィギュア男子2019」

SP 6位 78.84 FS11位 136.39  総合9位は、すばらしい!

FS冒頭の4-3コンビネーションは洸彬くんの意地見せてもらいました。ずっと力も心もこもった演技で、だんだんと疲れが目立ってきても、最後まで滑り切ろうという強い決意が感じられました。

ラストに向けて音楽が盛り上がっていく最後のジャンプ3Lo転倒では、観客の「あ~っ」という悲鳴が響き…。

その悲鳴の大きさこそ、佐藤洸彬選手の演技の成功を、ファンのみんなが 心から祈っていた証です。

f:id:sansan7byo4:20200111205247j:plain革命!「全日本フィギュア男子2019」

あなたもまた、ファンに愛されたスケーター。