広告

明日のために。四大陸フィギュア2020女子シングル

女子シングル

紀平梨花選手は4S!樋口新葉選手は3A!坂本花織選手は4T!と、日本の三選手それぞれがフリーで挑戦するって言うのですから、盛り上がらないわけがないのです。
実際、FSの6分間練習は美しい3Aを跳ぶユ・ヨン選手含めてみんながジャンプを跳ぶ跳ぶ跳ぶ~。

四大陸フィギュア2020 結果
1位 紀平梨花 SP 81.18  FS 151.16
2位 ユ・ヨン SP 73.55 FS 149.68
3位 ブレイディ・テネル SP 75.93 FS 147.04
4位 樋口新葉 SP 72.95 FS 134.51
5位 坂本花織 SP 73.07 FS 129.72
(敬称略)

樋口新葉選手 最高ワカバ

とにかく3A認定おめでとうございます!
そして、SP/FSともにシーズンベスト更新!

四大陸の新葉ちゃん、現地入り、公式練習、とにかく報道される写真のすべてが素敵な笑顔。陰が一切ない。見ているこちらまで幸せな気持ちになる陽のオーラのみ。

四大陸フィギュア2020女子SP

SP演技ふりかえっているキスクラでも、笑顔。

その笑顔で「フリーで3A投入宣言」 ですから、もうワクワクしました。

SPで5位につけ、FS前の6分間練習では きれーいに3Aを成功。会場、どよめき。私もTV前でどよめき。そして、TVにかぶりつき。笑

四大陸フィギュア2020女子FS6分間練習

これは、とうとう演技での3A成功が見られるかも!?

演技冒頭の3A。TV前の私はお祈りポーズ。
「あ、右肩にちょっと力入って見えるっ。」
「うおぁ、残念っつ( ゚Д゚) でも、回転足りてる!?( ゚Д゚)」
認定されましたあ~。うれしい。(*’▽’)
もう、あと少しってかんじですよね。新葉ちゃんのジャンプは全般きちんとキレイ。スピンもですが、ほんと鍛えられた体幹を感じさせてくれる。きもちいい。

3A転倒があっても、そのあとの演技は崩れることなくポエタの世界観を十分に表現して素晴らしく、ああ、新葉ちゃんとても良い挑戦ができているのだなぁと、安心しました。

四大陸フィギュア2020女子FS

FSもとっても素敵な笑顔。これはワールド期待大ですね。
ぜひともワールドで3A成功させたポエタを見たいです。

そして、これも載せときます。新葉ちゃんの「ポエタ」アイスタッツ。

四大陸フィギュア2020女子FS

荒川さんもおっしゃっていましたが、スピン、ジャンプの位置とってもバランスの良いプログラムだってことが素人目にも分かります。

あと、スピードが!軌跡のオレンジ黄色が半分以上を占めていませんか!?
ポエタの前半はジャンプに集中するためか、つなぎの要素が少ない印象ですが、そのことを抜きにしても全体的にすばらしいスピードを感じさせるアイスタッツです。

これで前半のジャンプ部分に、もう少し つなぎ要素、トランジションが欲しい。
も少しでいいんです~。新葉ちゃん、ぜったいカッコイイから~。贅沢ですか?

坂本花織選手 私はジャッジ席に座りたい

花織ちゃん4Tの挑戦。おとこまえ! 大きな国際大会は四大陸が最後だから、来シーズンにつながるような挑戦を!と決めたのでしょう。

ですが、転倒のかんじを見ると、成功はまだちょっと遠そう…。高難度ジャンプを入れないと、なかなか表彰台に届かないからトップクラスの選手は挑戦しないとダメなのかもしれませんが、試合に入れるのはもう少し精度をあげてからでもいいのかも。
今シーズンはFSで崩れてしまう印象だから、まずはきっちりプログラムを完成させて欲しかった。ブレイディ・テネル選手のような戦い方もあるし。
なにより、花織ちゃんが悲しそうだとほんとツライ。(;O;) あなたには笑顔が似合う。

でも、SPは良かったです!!!花織ちゃんの爆走のようなスケートが存分に堪能できました。
すごいスピードなんだけど、完全にコントロールしきっている印象。
3Loのオーバーターンなんて、ほんの小さなこと。気にもならない。何回も見ました。見るだけで元気出ます。女神!

そして、見出しタイトル。
花織ちゃんのジャッジへのアピール、滅茶苦茶かっこいいですよね!

四大陸フィギュア2020女子FS

うりゃ~~。(頭、落とすよ。)

四大陸フィギュア2020女子SP

せいっつ。(消すよ。)

あー。このジャッジの人の位置でぜひ花織ちゃんの演技を見たいです~。
頭、落とされてもいい。消されてもいい。笑

四大陸フィギュア2020女子SP

この真正面で見たいっ。

四大陸2020女子シングル

見応えのある、楽しい試合でした。どの選手も全力を尽す姿が美しい。

紀平梨花選手
フリーでの4Sは回避でしたが、直前のユ・ヨン選手のあの素晴らしい滑りのあとで3A失敗からのリカバリーをきちんと行い、尚且つ力強いプログラムを滑り切る度量。四大陸連覇は男女ともに初の快挙。
ワールドでは表彰台、いや、優勝目指して4Sを入れますね、きっと!今の彼女にはその強さが感じられます。その前にオランダ・ハーグで見られるかも?

四大陸フィギュア2020女子SP

ブレイディ・テネル選手
去年の四大陸、SP1位発進だったにも関わらず、台乗りできなかった悔しさリベンジ!職人技の滑りで3位。今シーズンの彼女からは偽物ではない自信を感じます。おめでとうございます。

四大陸フィギュア2020女子SP

ユ・ヨン選手
自国開催のプレッシャーをみごと味方につけ、素晴らしい演技でした。韓国勢11年ぶりの台乗り。
可愛らしいのに頼もしい15歳。日本勢には新たな怖い存在となりそうです。

四大陸フィギュア2020女子FS

アンバー・グレン選手
SP/FSともに感情のこもった滑りを見せてもらいました。9位。そして、可愛い。(*’▽’)

四大陸フィギュア2020女子FS

みなさんの美しくもたくましい 明日のための挑戦 素敵です。♡