広告

宮原知子選手を褒め称えたい【中】

宇野昌磨 宮原知子

ただ ただ、宮原知子選手を褒め称えたいっ!2回目です!
【中】? え? ( ゚Д゚) 3回目もあるの?

あるよー。結局、短く書けないのね…。
今回は、「宇野くんの知子ちゃん評」と「同級生なふたり」についてです。

宇野昌磨選手の頭に浮かぶ「強い人」

Q.宇野選手の頭に浮かぶ「強い人」は――

A.知子ちゃんかな、と思います。

どういう結果でも努力を欠かさずやっている。

たとえ、練習してきたことが試合でできなくても、自暴自棄になるというか、そういう…そんな権利も 僕にはないかなと。もっと、努力して、それでも努力し続けている人が近くにいるからこそ、僕ももっと努力しなければと思いますね。

フジテレビSPORTS 全日本フィギュアスケート選手権2019 大会翌日 宮原知子インタビュー〈後編〉より

この宇野くんは、「自分に失望した」と彼が言った、あの さいたまワールド2019 直後の宇野くん。

まー、この時のこの宇野くんが言うんだから、そりゃあ、知子ちゃんは
「努力して、それでも努力し続けている人」「強い人」なんでしょう!と納得できます。

この時のこの宇野くんのこの言葉に、じゃあ、知子ちゃんはどう答えるのかといえば、
「うふふ」と小さく笑うだけのように思います。
柳が風を受け止めるように自然なしなやかさで。

やっぱ、知子ちゃん、きっと妖精だわ。
いつか空飛ぶと思うんだよね。(*’▽’) ジャンプじゃなく。←かなり真面目。

【全日本フィギュアスケート選手権2019】宮原知子 宇野昌磨の“強さ”を語る「見ていて力をもらえる」
フジテレビ・フィギュア班が取材動画を毎日配信!vol.9 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、カナダ・

同級生

フジテレビSPORTSさんの動画でもそうでしたが、宮原知子選手と宇野昌磨選手は、
よく「同級生」と言われますよね。
知子ちゃんが1998年3月生まれ、宇野くんが1997年12月生まれ。

同級生・宮原知子、宇野昌磨

これは、字義通りに ふたりが 同学年 である、というだけでなく、

ふたりが歩んできた道、積み重ねてきた実績、努力家で練習熱心なところ、
でも、その人一倍の努力と練習が、決して泥臭さに直結しないところ、にじむ品の良さ
ふたりとも、間違いなく一流のアスリートなんだけど、
秘めた強い闘志は他人ではなく、自分にこそ向けられるかんじとか。

こんな、根っこの部分の雰囲気が似ているふたりを前にすると、自然と人は、
かれらのことを「同級生」と表現したくなるのかもしれません。

2017年発行の『Quadruple 2017 +Plus』で、GPファイナル表彰台記念対談 
なんてものがありました。

『Quadruple 2017 +Plus』p.50,51より

この対談、終始なごやか。
「あはは(笑)」と「ふふふ(笑)」と(笑)で ほぼ、構成されている。笑

対談の中での、「お互いはどういう存在ですか?仲間?ライバル?」という質問に

知子「ライバルという感じではないです。」
昌磨「そうだね、全然。」
知子「うん。」
昌磨「選手として尊敬しています。」
知子「同じです。」

とあります。
(……しかし、どこまで平和なのこの会話?雲の上の人たちがお話してるよ~。 )
でも、この言葉、きっとお互いに対してだけじゃない気がします。
二人ともに、他のどの選手に対しても、心から同じ言葉を言うんじゃないかな。

「ライバルという感じでなく、選手として尊敬しています。」

とにかく、わたしにとって、宮原知子選手と宇野昌磨選手は、
ふたりそろって、そんなかんじなんです。

ガッツポーズの練習

真面目で努力家、そして妖精な知子ちゃんのエピソードとして、思い出すのが、
「ガッツポーズ」の練習。

腰に手あてて、仁王立ちで「えいえいおー」みたいな。
2016-2017シーズンワールドへ気合い込めて。

しかし、股関節の疲労骨折により、ヘルシンキ世界選手権は棄権。
せっかく練習したガッツポーズを見せることが出来なかった知子ちゃんの想いをのせて、
宇野くんが代わりにやってましたよね~。
宇野くん、SP/FSともに素晴らしい演技だったし、すてきでした。

ヘルシンキワールドの宇野くんガッツポーズ。

これは、ライバルではないよね。同志であり、盟友だよね。(-.-)

さて、どこか歯車がかみ合わずに終わってしまった知子ちゃんの全日本。

だからこそ、モントリオールワールドでのみごとな演技、みごとなガッツポーズ、
見たかったですねぇ・・・。

NHK Trophy2018パンフレットより、可愛いガッツポーズ。

ま、楽しみが ちょっと先に伸びた、ってだけです。期待して待ちますわ。(*’▽’)

そして!これだけ長く、書いたというのに、次は【後】です!3回目です!
あきれないでください!書きたいんです!

宮原知子選手を褒め称えたい【後】は、町田樹さんの知子ちゃんへの言葉を中心に書きまーす。
開き直り。笑