広告

オランダ・ハーグ2020をおさらいしておこう。

宇野昌磨

いよいよ、6/12(金)から、チャレンジカップ オランダ・ハーグ2020
男子シングルの放送です。

宇野くんの新生Dancing On My Own をきちんとした映像で見られますね。
うきうきです~。

わたしは、宇野くんの演技集円盤を彼がシニアにあがったシーズンから
作っているのですが、2019-2020シーズンを締めくくるためには
ぜーったいっ、ハーグの演技が必要でした。待ってて良かった。

しかし、ハーグのために契約した J-Sports ですが、もー、いま、大変。

ロシア選手権でしょ、アメリカ選手権でしょ、油断するとHDDの容量が
すぐになくなってしまう。
以前に見たものもあるのですが、それでもまた、見たくなります。

冬季ユニバーシアード2019

さらに、嬉しかったのが、冬季ユニバーシアード2019の放送があったことです。
2019年3月に行われた大会。
ハーグ同様、「放送してくれるなら、CSでもBSでも契約する!」
と思っていましたが、さすがに1年経って、諦めていました。
それが、見られたんです!(*’▽’)

どうやら、COVID-19の影響で放送予定が変更になったためらしいですね。
唯一これだけは、コロナのおかげかな。(-.-)

佐藤洸彬くんの SPで4位だった男前な「Too Close」見られたし、

魔法とマイナスイオンと天使と光を惜しみなく与えてくれる
舞依ちゃんの完璧なSP/FS見られました!!素晴らしかった。

余談ですが、この大会のカメラワークが、すごく良かった。
足元からリンク全体を映してくれる感じで、スケーター皆さんの滑りがよく分かる。
洸彬くんの伸びるスケート、舞依ちゃんの別次元のスケート、堪能できました。
どの大会もこういう風に撮って欲しいなー。
足元だけでもなく、上半身だけでもなく。顔のアップは最小限。でも、姿は遠すぎず。

※画像はJ-Sports4 からです。

オランダ・ハーグ2020での注意点

注意点、というか、見逃せない点。

なんのことはない、注意力散漫な自分のためにまとめておこう、という。(^-^;

SP、エッジカバーボーイ宇野くん。

あなた、投げる人。わたし、拾う人。

FS、6分間練習できれいに決める 3A-Er-3F

左奥、刑事くん。手前、3連跳ぶ準備に入った宇野くん。

新生Dancing On My Own の合図、右手上げ。

ランビエールコーチとのアイコンタクト。

ランビエールコーチとのさわやかすぎるキスクラ。

なに、この、春風の中で談笑してるみたいなさわやかさは?笑

表彰式もいろいろ面白かった。

出場選手では、もちろん刑事くん。SPで2位のヘスくん。
サモーヒンくんのSPの衣装のジャージさ加減、FS終わった後のかっこいい挨拶。
安定のビチェンコさん。人気抜群ドノヴァンくん。

チャレンジカップと同時開催、というか、こっちがメイン?の 
オランダ国内選手権優勝者 トーマス・ケネス選手!

さあ、盛り上がってまいりました!
くれぐれも、録画は忘れずに!

以下は、ライスト観戦時の記事です。 ↓