広告

J-SPORTSで観戦。チャレンジカップ2020オランダ・ハーグ

宇野昌磨

待ちに待ったオランダ・ハーグ2020男子シングル、堪能しましたか?
録画、何回も見て、まだまだ堪能し続けていますか?

わたしは、SP/FS ともに家族が就寝してから心おきなく観戦、鑑賞しました。

前記事の答え合わせ的にも!

まず、SP エッジカバー・ボーイ 宇野くんの放送はありませんでしたー。( ;∀;)

そういえば、6分で、コンビネーション確認してなかったー。
でも、楽しかったー。
宇野くん「ただいま~。」ランビエールコーチ「おかえり~。」
この子がこれからスッてんすることを、2人は知らない…。

6分間練習の放送は、あっさり終わり、
きれーな3連も見られませんでしたー。

新生Dancing On My Own の右手上げは、ライストの時よりも鮮明なスクショを。

4Sもみごとに決めて、最高だった新生DOMO終わってからの、
ランビエールコーチとのアイコンタクトは…

宇野くんの視線の先に、いるであろうランビエールコーチ。

カメラ、あとほんのちょっと、右!右に!おねがいっつ!(‘Д’)

表彰式の様子もメダル授与しかありませんでしたー。

……と、いろいろちょっと残念だったのですが……。

すっごく気になっていたサモーヒンくんのSP衣装は、きちんと確認できました。
明け方起きて、ライストつないだら、彼がこの衣装で滑ってて、驚いたなぁ。
「え?試合じゃないの?」って。笑

よく見ると、袖口がちょっとひらひらしてた。

サモーヒンくん FS のかっこいい挨拶も。

ポーズは、こう。

きっちり真似してみせる ハーグ キッズスケーター。

キッズスケーターこうですか、師匠。」
サモーヒンくん「ん、まぁ、そんなかんじだな。

やっぱり、ハーグのキッズスケーター、楽しー。かわいい。自由。

もともとあっさりだった選手コールの放送はなく。6分間練習の放送時間は少なく。
エッジカバーを拾う宇野くんは見られず。
なごやか表彰式、もっと見たかったー。

――いろいろ文句を言いましたが……

しかし!もちろんメインは演技です!
演技を大きな画面で見ることが出来れば、それで、もう、御の字です。
J-SPORTSさん、まことにありがとうございました。

新生Dancing On My Own

解説の岡部由紀子さんがおっしゃっていた、
いい具合に、エフォートレスeffortlessな。抜け感。

実は、宇野くんの演技の 肩に力入っている感 が、オリンピックシーズンから気になっていました。
力強さを目指したのでしょうが、そのせいで、宇野くんの動きに柔らかさが
なくなってしまったように感じてしまい…。

だからなのか、わたしは青のトゥーランドットよりも緑のトゥーランドットの方が好きで、
オリンピックシーズンからの See You Again は、インフルエンザ明けで
(きっと、身体に力入らなかったはずの)2017GPシリーズ仏のものが一番好きでした。

芯に力強さを秘めながら、軽やかに柔らかく、見ている側に心地良さを感じさせる滑り。
それを宇野くんがシーズン最後の試合で見せてくれたことが、とても嬉しいです。

ランビエールコーチが、宇野くんに、肩に入っている力を抜くよう、気づかせてくれたのかな。

では、ここからは、コーチと選手とのユニゾン芸を。笑

キスクラでのユニゾン。
スピンでのユニゾン。 大地に。
スピンでのユニゾン。 天に。
スピンでのユニゾン。こぶしを。

この一体感!

SPキスクラ 
FSキスクラ

2020-2021シーズン、良いスタートがきれますように。

※画像はJ-SPORTS4 からです。