広告

GPシリーズアメリカ大会2020

男子シングル 女子シングル

ロマンド杯が中止になり、また残念な思いが募りますね。
欧州は一度は収まっていた新型コロナ禍の勢いが再燃しつつあるようで…。
欧州の型は、どうも日本とは異なり、重症化率が高いとなれば、
ここは我慢とならざるを得ないのでしょう。
残念ですけどねぇ…。(;O;)

だからこそ、感染者数、死者数世界最多のアメリカで
GPシリーズが開催されたことのスゴさを感じます。

バブル方式というんですか?

選手も関係者も報道陣も、関わる人すべてが、試合期間を決められたエリア内(それを「泡」バブルと見立て)で過ごすことを徹底し、感染対策を行う。

もちろん、観客はなし。

女子シングル

スケートアメリカ女子2020結果(敬称略)

順位選手SPFSTOTAL
1マライア・ベル76.48136.25212.73
2ブレイディ・テネル73.29137.78211.07
3オードリー・シン69.77136.38206.15

マライア・ベル選手、ブレイディ・テネル選手はさすが。
二人とも可愛い笑顔にっこり。
しかし、練習不足も観客なしも一人キスクラも、平常心で受けとめる貫禄を感じました。
安定感のある質の高い演技。

ただ、SPでは感じなかった練習の不足が、FSでは出てしまっていたような。
これから深まる演技を楽しみにしたいです。

3位につけたのは、16歳のオードリー・シン選手。

シニアデビュー。力みなくジャンプを成功させ、のびのびとした演技でしたねー。
アメリカも新しい才能が着実に育ってきている。
1位のマライア・ベル選手は24歳。層の厚さが嬉しい。

惜しくも4位のカレン・チェン選手もまだまだ頑張ってくれています。
アメリカ大会全体を通して、わたしは彼女の演技にいちばん感動しました。

彼女のスパイラルが好きです!美しー。(*’▽’)

男子シングル

スケートアメリカ男子2020結果(敬称略)

順位選手SPFSTOTAL
1ネイサン・チェン111.17187.98299.15
2ヴィンセント・ジョウ99.36175.74275.10
3キーガン・メッシング92.40174.02266.42

まー。ネイサン・チェン選手の圧倒的な強さよ!!

演技始まる前からもう、これだもん。↓

名前の下に 
’18・’19世界選手権「金」’17’18’19GPファイナル「金」
と、ずらーっと。ずららら~っと。

FSではそこに「ショート111.17 1位」というのが増えている。↓

もうすぐ
「資格いっぱい持ちすぎてて、履歴書の欄に書ききれない」
みたいな感じになりそう。笑
まことにキラキラしい。!(^^)!

そして、今シーズンの衣装も攻めてますねー。
外部(衣装)の力なんかには頼らない。
「世界観はオレが作る」の潔さ。どこまでも清々しい。

SP衣装は、映画「デスペラード」よりも「今日から俺は!!」
(←今、作品そのものとは別に話題ですが…。)をイメージしてしまった。
短ラン。笑 
ごめんなさい。<(_ _)>
でも、昨シーズンよりは衣装らしい?(^-^;

もちろん、結果も間違いなく圧倒的でした。

ネイサン・チェン選手も、やはりFSは、まだ熟れていない感じでしたね。
彼のダブルSやシングルAを見られるなんて、逆に貴重って思っちゃった。

しっかし、SP「映画「デスペラード」より」 FS「フィリップ・グラスメドレー」
ともに、どちらもカッコイイ作品ですね~。
パーフェクト演技が待ち遠しいです!


男子も新しい才能が。
シニアデビュー15歳イリア・マリニン選手が5位に。

4Tをとってもきれいに跳んでいました。
シングルスケーターだったご両親から指導を受けているそうで、
基礎をきちんと身につけている感じです。これからが楽しみ。

で、何ゆえ彼の右手を円で囲んでいるのかと言えば、
この衣装の右手だけが白(膨張色)のせいで、わたしはずっと

「右手と左手の大きさがあんなに違うのに、
あーんなきれいに4T跳べちゃうんだ。すごいな、このこ。」
と的外れなところで妙に感心してしまったから、つい。

いや、SPの時は大きさ一緒じゃん。
卓球とかテニスとかの利き腕異常に発達する競技じゃないじゃん。
って、後からすぐに自分ツッコミ。笑

みなさんは、思いませんでしたか?(^-^;

感染対策

マスク

選手は演技時以外、マスク。
みなさんそれぞれ個性もあり、ひとりキスクラの全選手のマスク姿をガン見。
キスクラには手指消毒用のアルコールも。

キーガン選手のテンガロンハットにマスクが、妙に合っていて、特にお気に入り。

ただ、演技後すぐのマスクは辛そうですね。

もちろん、顔も見たいし、コーチと喜ぶシーンも見たいです。

観客

無観客。
しかし、観覧席には何やらヒトカゲ。

最前列は100ドル。2列目以降は65ドルで自身の写真パネルを
席に置くことが出来るらしいです。
今のレートだとだいたい10,400円、6,800円くらい。
大会を応援する意味もあるのかな?ユニークですね。

そして、このあちこちにいて、すっごく目立っていた緑の生き物!

トカゲ?
出典:GEICO HP

GEICOガイコhttps://www.geico.com/という自動車保険会社のキャラクターらしいです。
愛らしいけど、皮膚感(?)がリアルね。
そして、なぜ自動車保険会社なのに、ほうきとビーカー持ってるんだろう?
わたしは最初、化学会社かと思いました。
魔法使い?深堀したくなる?笑

大会では、演技終了後、絶妙のタイミングで観客の拍手歓声を入れてくださっていましたし、
笑顔のパネルも含めて、無観客の淋しさを極力感じさせないような配慮が素敵でした。

でも、だからこそ、より観客の不在の切なさを感じてしまった。
やっぱり良い演技は、選手とともにある観客の熱も大事だと、強く強く思います。

※画像はCS朝日「GPシリーズアメリカ大会」からです。