広告

GPシリーズ中国大会2020

男子シングル

大会運営

中国大会は、女子/男子ともに中国勢のみのエントリーでした。
出場選手も男女ともに6人ずつ。

アメリカ大会と同じく無観客試合、録音拍手演出でしたが、
選手たちのマスク、アルコール消毒はなし。
コーチ(各選手に一人)との笑顔のキスクラが見られるのは、
やっぱり嬉しいですね。

アメリカ大会ではファンの皆さん(+とかげ?)のパネル

が観客席で応援していましたが、
中国大会ではファンの方たちの力作なバナーが掲げられていました。

可愛いし、かっこいい。

2大会ともに愛ある工夫を感じます。(*’▽’)

結果は2強

中国大会女子2020結果(敬称略)

順位選手SPFSTOTAL
1チン コウイ64.63121.9186.53
2リ アンキ49.9498.39148.33
3キン ビンシ47.7587.68135.43
女子1位 チン コウイ選手

中国大会男子2020結果(敬称略)

順位選手SPFSTOTAL
1ボーヤン ジン103.94186.95290.89
2ハン ヤン92.56172.25264.81
3チン イクトウ75.74150.47226.21

2強とは、すなわち男子のワンツーのことです。
2019年同様の1位2位です。
この二人がいるからGPシリーズとしての箔がついたというか、体面を保てたという感じでしょうか。
北京五輪もこのふたりが牽引していくのでしょうねぇ。

そして、とにかく、二人のジャンプがすばらしかった!

ハン ヤン選手はもちろん、3A。

3Aのものではないですが、解説で織田さんが褒めていらした
素晴らしい膝も載せときますよー。

膝のこの深い沈みがあるから、お手本のように高く幅のあるジャンプが跳べるそうです。
みごとですね。
SP「A Thousand Years」FS「ラ・ラ・ランド」ともに
益々研ぎ澄まされた美を感じさせてくれました。もうもう、心地よい。

ボーヤン ジン選手は、4Lz。

やっぱりボーヤンくんの4回転ルッツは、最高です!スカっとする!
SPで転倒してしまった2019年と違い、今年はSP/FSともに危なげなく、見ていて安心でした。

ほら、ボーヤンくんの4Lzって、
「あ~。壁!壁、気をつけて!」って、ハラハラするところあったから。
それがすっかり修正されていました。こうなれば無敵じゃね?

新プログラム 
SP「Trio 1 in Do」は、コンテンポラリーダンスみ。
FS「House of the Rising Sun」は、西部劇み。
両方とも、かっこいいです~。

高~い位置からの撮影

さて、みなさん、昨年の中国大会の放送をおぼえていらっしゃいますか?
今年も同じ重慶 華熙文化体育センターでの開催。

中国杯 in 重慶でちょっと思ったこと。
昨年のわたしのささやかな不満表明記事をどうぞ。笑

「え?なに?いま、世界遺産撮ってますか?」( ゚Д゚) 
「ドローンで空撮ですか?」( ゚Д゚)
なカメラワークが多かった中国大会2019。
なにせ、去年のボーヤンくん、こんな。↓ 

GPシリーズ中国杯2019男子SPより

ちっさ!( ゚Д゚)

さあ、今年は!?
変なところドキドキして見守ってしまいましたよ。(^-^;

空撮?6分間練習
空撮?ハン ヤン

6分間練習冒頭と選手が演技後にリンクから帰ってくるところ。
なんとかこれくらいで抑えておいてくれたようです。
よかったよ。ホッとしました。笑

※画像はCSテレ朝「GP中国大会2020」からです。