広告

GPシリーズ ロシア大会2020 女子シングル

女子シングル

ロシア3人娘の戦いが見られるかと思いましたが、
シェルバコワ選手が体調不良で欠場。くれぐれもお大事に。(>_<)

「愛」だ。

ロシア大会女子2020結果(敬称略)

順位選手名SPFSTOTAL
1エリザベータ・トゥクタミシェワ74.70148.69223.39
2アリョーナ・コストルナヤ78.84141.94220.78
3アナスタシア・グリャコワ70.07128.96199.03

トゥクタミシェワ選手、優勝おめでとうございます!

逆転のFSはもちろんですが、2位発進のSPもどちらも素敵な演技でした。
他の選手がいまだプログラムを滑る領域には
達しきれていない中、彼女は作品としての演技を見せてくれました。
3Aもきっちり決めて。

今シーズンのプログラムは、コケティッシュな色気を表現する今までの作品とは異なった印象。
しかし、SP「スパルタカス」/ FS「ねじまき鳥の歌」共に
円熟味を増しながら、尚も進化を続ける彼女の魅力が存分に発揮されている作品です。

まあ、美しい。

SP「スパルタカス」より

コリヤダくんの演技に艶が増したのは、
同門となった彼女にインスパイアされた結果では?と思っちゃう。(*’▽’)

「愛」だね。

「愛」を背負って滑るFSでは、
冒頭の3A-2Tのコンビネーション、後半の2A-3T-2Tの三連続ジャンプを成功させ、
和テイストの音色の一音一音を丁寧に表現。

そして、滑り終えた彼女の笑顔が、cute。

かわいい~。

観客の皆さん、ヤグディンさんもスタオベ。

選手自らが、自身の演技に心から満足して
こんなに可愛い笑顔を見せてくれるって、最高に幸せです。

演技を見ながら思い出していたのは、
9月にCSテレ朝で放送があった
『私が今やるべきこと。~フィギュアスケーターたちの2020』
という番組での彼女の言葉。

「今やるべきことは生きることね」
「だって人生は続くし これで終わりじゃない」

「生きること。練習すること。成長すること。落ち込まないこと。」
とも語っていました。

「ねじまき鳥の歌」の振付は振付師の方が、オンラインでファンにアイデアを募って
皆で作ったプログラムなんですよね。

この日の演技からは、そんな大切なプログラムに対する彼女の愛が見えました。

愛を、笑顔を、ありがとう。(*’ω’*)

アスリート魂

解説の織田さんが、おっしゃっていた
「フィギュアスケーターには、
アート寄りな選手とアスリート寄りな選手がいる」との言葉。

今試合、SPは3位につけながらもFSで大きくジャンプが崩れ、
4位に後退し、表彰台を逃したアレクサンドラ・トゥルソワ選手。
SP70.81 FS128.12 TOTAL198.93

彼女は「生粋のアスリート」気質

わたしはロシア3人娘の中で、トゥルソワ選手の滑りが一番好きなんです。

跳べるジャンプは、全部、跳びたいという、
勝ち負けさえ度外視するかんじの真っ直ぐな衝動が、まぶしくて。
「心ゆくまで跳ばせてあげて~。」って、思っていました。

跳べるのに跳んじゃいけない4回転 ロシア大会 女子シングル2019

だから、トゥルソワ選手が、確実に勝ちにいくスケートを求める
エテリコーチの下からプルシェンココーチの下に移籍したニュースを聞いても、
意外には思いませんでした。

現役中、4回転を跳ぶことにメリットがなくなったルール改正の後も、
4回転にこだわり続けたプルシェンコさんならば、
自由に跳びたい彼女の良き理解者になれるでしょうから。

SPでは3Aは手をつきましたが、跳ばないという選択肢はない。
FSはすべての4回転が嵌らず、それでも最後まで挑戦し続ける。

ロシアカップでは4回転を複数回成功させた試合もあったのですから、
今回は調子が悪かった、というだけでしょう。
滑りは、昨シーズンよりも格段に上手くなった印象。
スピードと強さはそのままに、滑らかさ、伸びが増していました。
でも、FSは戦闘モードのジュリエットに見えた。(^-^;
でも、そこがいい。(*’▽’)

ヤグプル

アレクセイ・ヤグディン氏
エフゲニー・プルシェンコ氏

ロシア男子最強時代を築いたふたり。ヤグプル。
たんに並べたかっただけです。笑
最強のライバルでしたねぇ・・・。

※画像は「GPシリーズロシア大会2020」「私が今やるべきこと。~フィギュアスケーターたちの2020」からです。