広告

三原舞依選手は、皆を森の中に連れて行く。

女子シングル

前回記事
NHK杯フィギュア2020 女子シングル
での三原舞依選手への言及は
三原舞依選手の涙。
ひとことのみ。

それだけかーい。( `ー´)ノ

いや、いや。とても「NHK杯女子シングル」という枠内で
彼女の滑りへの思いを語りきる自信がなく…。
別枠ですっ。(‘◇’)ゞ

まずは魔法をかけられる

SP「 It’s Magic」

以前の舞依ちゃんの柔らかなスケーティングは健在。
そこに、軽やかさが加わった It’s Magic。

近畿選手権、西日本選手権ともに、滑り出すまでは、
ほんとーに心配になる、いや、不安になるほどに痩せている舞依ちゃん。

でも、彼女が滑り出すと不安を忘れます。
彼女の笑顔に酔いしれます。
たぶん、それは、彼女が彼女のスケートで皆に魔法をかけるからです。

63.41点 7位発進。

点数も順位も関係なく、ただ彼女が氷上にあることにスタオベ。

そして、森の妖精に出会う

FS「フェアリー・オブ・ザ・フォレスト&ギャラクシー」

森の中、妖精が眠りから、いま・・・
目覚める。ひろげる羽根。

たった今、生まれたのかも。
目覚めにしても誕生にしても、きっと夜。
木漏れ月の中、その月の光と競うよう鱗粉を輝かせ、森の深部を飛ぶ妖精。

SPではセカンドの回転が足りなかった3LZ-3T。
FS冒頭で鮮やかに決めた後、すべてのジャンプを
丁寧に!みごとに!!次々と!!!成功~。

この可愛い妖精ポーズ、めちゃくちゃ好きです!

ジャンプすべて終え、始まる演技後半の
ステップシークエンスがまた素晴らしいっ。
あの細い身体の一体どこに
ここまでキレのある強さを演じる力があるのか。不思議。

やっぱり、妖精なん?(‘Д’)

――違うよねぇ。

三原舞依は、妖精ではない。
三原舞依は、人間、アスリートである!
ここに断定しますっ!

そうです。
舞依ちゃんが、妖精ではなく、人間だからこそ
みんな、舞依ちゃんが紡ぐ作品世界に感動する。

日々自分の身体に向き合い、きつい練習をコツコツと真剣にこなし、
徐々に徐々にプログラムを育てていく
――その人間アスリートの努力が、
たった4分ちょっとの演技に結実する。
その場に立ち会えた幸福にうたれて、スタオベするんです。

三原舞依選手の涙。良き涙。

SP 63.41 FS 131.32 TOTAL 144.73 で総合4位。
(FSは3位です!)

最後まで森の妖精さんになりきって、
しっかり、みなさんを森の中へご招待していけるようなスケートができたら

三原舞依選手インタビュー

舞依ちゃん、ありがとう~。
月光輝く森の世界に、連れて行ってくれてありがとう。
すっごく、きれいでしたよ~。(;O;)

総スタオベ!

三原舞依というスケーターならば、
これから先、何度でも、皆を別世界に連れて行ってくれることでしょう。

※画像は「NHK杯フィギュア2020女子シングル」からです。