広告

ありがとう。宇野昌磨 “MY VERY OWN” オフィシャルフォトブックレット

宇野昌磨

うのうの展やMIZUNO×宇野くんコラボの到着に紛れて
報告を忘れていましたが、

「宇野昌磨 “MY VERY OWN” オフィシャルフォトブックレット」

が届きました!

これは正しく、MY VERY OWN=自分自身のフォトブックレット。

わたしの本は、
この「物憂げうつむき宇野くん」から始まります。

最初のページ、各人それぞれ、どれくらいのパターンがあったのかな。
わたしと同じ方もいらっしゃる?

〆切間近!オフィシャル フォトブックレット

で書きましたが、

ほんと、みなさんの
それぞれの宇野くん写真集 を見てみたいです。

「宇野昌磨 “MY VERY OWN” オフィシャルフォトブックレット図書館」

なんて、いかがでしょう。

それぞれのこだわり、愛のメッセージ付きで、
全「宇野昌磨 “MY VERY OWN” オフィシャルフォトブックレット」が
一堂に会する図書館。

閲覧した人は、その写真集についての感想を残せる。

そんな図書館、夢すぎる。

自分とまったくおんなじ写真集がある確率って、どれくらい?
もし、あれば、それを作ったその方とは、とりあえず別室で会談しなきゃね。笑


この写真集、
「好きな写真を選べるけれど、並び順は選べない」
ところが、逆に嬉しいところなのかもと、完成形を見て思いました。

自分以外の第三者の手(編集)が入ることで、
「自分が選んだー。」という嬉しさと
「こんなふうに作ってくれたんだー。」という、
新鮮な喜びを同時に味わえます。

で、いっちばん、嬉しくてテンションあがったのが
このページ。↓

これはねー。
「こんなふうに作ってくれたんだぁ。」ではなく、

そう!そうなのよ!こういうふうに作って欲しくて、この2枚選んだんだよ~。

と、めちゃくちゃ嬉しかったんですっ!

Dancing On My Own で
宇野くんが醸し出す 切なさの空気感 が素晴らしく表現されている。

このページ見て、わたしは大きな声で言いました。

ありがとうございますっ!!!

みなさんの “MY VERY OWN”にも、
そんな「ありがとう」のお気に入りがあったことと 思います。


そして、言いそびれ今更ですが、

宇野くん、日本帰還。おかえりなさい!!!

全日本に向け、良い練習が出来ているといいです。

そして、この記事、
「宇野昌磨」カテゴリー100記事目!!!
小さく、祝います。笑

※画像は©USM Photo:Tanaka Nobuaki です。