広告

宇野くんの英語レッスン第2弾

宇野昌磨

宇野昌磨アップロードチャンネル↑
「英語の勉強・宇野昌磨 第2弾 / English Lesson Part 2」です。

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

祝!再生回数18万回

今回のテーマ「英語の勉強 第2弾」

「味を占めたわけではない」

ですが、前回の「英語の勉強はじめます」動画が18万回再生とのこと!

18万回!( ゚Д゚)

You Tube をあまり見ないわたしには、
再生回数の平均(?)がどれくらいなのか分かりませんが、
18万回がスゴイ域なのだろうとは、想像がつきます。

わたしが、宇野くんのアップロードチャンネル以外にYou Tubeで見るっていったら、落語。
(「宇野昌磨」と「落語」。我ながら節操ない…。笑)
再生回数調べてみましたー。

三代目 古今亭志ん朝師匠
『芝浜』86万回。3年前up。
『二番煎じ』144万回。7年前up。
六代目 三遊亭圓生師匠
『死神』46万回。4年前up。

……参考にならん。
ジャンル(笑)違いも甚だしい。笑
共通するのは「ひとりの人間が芸と技で生み出す求心力」?
ま、上の3本は聞いて損なし、テッパン噺ですし。(^-^;

宇野くんのアップロードチャンネルもどんどん再生回数増えるでしょうね。
だって、落語以上に「宇野昌磨」というジャンルは、インターナショナル。

さあ、インターナショナルな宇野くんの英語の勉強、第2弾です。

ボディランゲージとテレパシー

「宇野昌磨選手とは、英語で会話を?」とインタビュアーに訊かれた際の
ランビエールコーチの答えがこちら。↓

英語を少しと日本語を少し。
それ以上に、ボディランゲージがとても多いです。
あと時々、テレパシーの時もあるね(笑)

『フィギュアスケートLife vol.23』扶桑社発行
「コーチの肖像 特別編 ステファン・ランビエル」p.25より

英語の勉強 第2弾 を見て、この言葉につくづく納得しました。

宇野くんは、ジェスチャーと鋭い勘(テレパシー)で、
スイスでの日々を乗り切っている!

たとえば、Writing 4問目

「僕が分かるのはfavoriteとallだけです。」って言いながら、
「今まで行ったり住んだりした国の中で、いちばん好きなのは?」
「JAPAN」
ときちんと正解を出してしまう。

「ピザにパイナップル」「NO!ありえない」
とかね。

たとえば、Expression 3問目
「宇野昌磨にかかせない英語表現」笑 として。

「携帯をなくしたので鳴らしてください。」
I tink lost my phone,can you ring it for me? は、

My iphone lost,please telephone please!

や、こりゃ、たしかに通じる。(^-^;
そして、宇野くん、maybe もだけど、please
your favorite word in English=(宇野くん曰く)多用している言葉じゃね?

Listening 4問目
「もしもあながた超能力を持っているとしたら、どんな力で、なぜその力なの?」
には
「テレパシー」と答えるべき!
受信、送信ともに優れていること間違いない。

やー。そこはさぁ・・・。

英語の勉強、本人、楽しくなってきた発言もあり、
よかったよかった。
第3弾もありそうね。わたしも楽しく拝見させていただきました。

・・・・・・しかしっ!しかしっつ!
しか~しっ!!!
え~。そりゃないわ~。思ったことがひとつ。

Writing 1問目

「How do you spell “冬” in English?」

「Winter」と、みごと楽勝で正解した宇野くんがひとこと。

「ゲームで出てくるもん。Winterは。」


え~~~。( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)
( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)え~~~。

そこは、

ヴィヴァルディ『四季』の”冬”の”Winter”じゃないんですかいっ!?

ないんですかいっつ!?

それを意図して作られた問題だったと思うぞー。

思うぞー。

(-.-)

――ところで、なんのゲーム?