広告

宇野くん、ワールドを楽しむ(SP編)

宇野昌磨

みなさーん、ストックホルムワールド楽しんでいますかー!

わたしはTV放送観戦のため、
フジテレビさんが「厳選した選手」(←毒。笑)
の演技しか見ていません。
4月はJ-Sports契約しますよ。 
だって、りくりゅう見たい~。
アイスダンスも!シングルも!全員の選手を!

しかし、SPがライブ放送だったのは嬉しかった。
睡眠不足もなんのその!
特定選手のウォーミングアップ風景は多すぎですけどねぇ…。(-.-)

今記事は、宇野くんSP観戦に特化してお届けします。
全体観戦感想は、FS終了後に
おいおいと~。ゆるゆると~。

宇野くん、みっけ。

女子SP放送。なぜか始まる羽生選手の公式曲かけ映像。

あれ?今日、女子じゃないの?
あー。またこういうのー。地上波つらいなー。

家族が消えた居間(なにせフィギュアに興味ゼロ家族。泣)で、
ぶつぶつ呟く。

しかし、いつ女子の放送が始まるか分からないので、
TV前から離れず見続けていたそのときです!

宇野くん発見!

最初はたしかに寝転んでた。
それが、あきらかに「あ、やべ」となり、

転倒からの氷就寝を早々に切り上げる宇野くん。
素早い立ち上がりを見せる宇野くん。

このあと、リンクの端へ離脱!そのスピード感!(^-^;

ほら、宇野くんって、ジャンプで転倒すると、
しばらく氷寝床でまどろむ(笑)じゃないですか。
全日本の6分間練習の時もそうで、ほらほら、起きて。6分終わるよー。と大声で注意したくなった。(^-^;
どの試合を特集した雑誌でも氷寝宇野くんの写真は必ず1枚はありますしね。
こんなに素早く立ち上がる宇野くん、試合以外で初めて見た。笑

びんたというより、ぴんた。

宇野くんは第5グループ。

ランビエールコーチの送りだし。

ら:練習どおりにやれば、できるよー。

ランビエールコーチから最後の指導をまっすぐな眼で受ける宇野くん。
ランビエールコーチの手が優しいね~。
と、思いきや、
フェイント平手打ち!

う:おおっと! ら:HAHA!おどろいた?

いや、おちゃめか!笑

ら:たのしんで! う:はは。ステファンって…。

完全にフェイントでしたね。宇野くんもびっくり。
いいかんじで、硬さとれた?
反対に、宇野くんのいい集中力を途切れさせちゃったんじゃ?と、
ちょっと思ってしまったただの一ファン。(^-^; 
なにげにコーチに喧嘩売ってます。笑

う:いってきまーす。

しかーし。この↑やわらかい笑顔でリンクに向かう宇野くんを見て、
これは、宇野くんとランビエールコーチの間では、
正解のピンタなのね~と思いました。

そう、「びんた」じゃなく、「ぴんた」ね。
平手打ちというより、ぴんた。とことん、やさしい。

美穂子コーチの男前なぴんたもありましたね。(*’▽’)

メタモルフォーゼ宇野くん

さて、肝心のSP演技。

冒頭の4Fは成功!

コンビネーションは・・・



4T-2T・・・。
おねがいです~。(;O;) 4T-3T見たいです~。
2年前の国別(あの時は4F-3Tだったかな?)から見てない~。

なんて、がっかりしている場合じゃない。
まだ演技終わってない。

そしたら、まさかの3A転倒!
わー。( ゚Д゚) ごめーん。わたしのせいだー。(;O;)

ごめーん。

コンビネーションの3回転が2回転になったことで(わたしと同様)動揺して
アクセルの転倒につながったのかな?
と思ったんですが、インタビューによると、
「ノーミスできるかも!と思った油断から」の転倒だったようです。

「よい演技だった」と明るく語る宇野くんを見て、
宇野くん、ほんとに変わったなあと。

さいたまワールド、SPでやっぱり4T-2Tになってしまったことに
「これ以上落ちるわけには、いかないから、ぼくは、逃げました。」
と痛々しいような笑顔で語った宇野くんの悲愴さとの対比。

変わったなあ。

いや、もしかしたら、あえて、変わろうとしているのかもしれません。
ランビエールコーチのぴんたも、今までの宇野くんからの脱皮を羽化を
うながそうとしての不意打ちだったのかもしれません。

さいたまワールドでも、SP終わった時点では6位。
今回も6位。

順位は同じ。今回も台乗りは厳しいかも。
でも、わたしの心もさいたまワールドの時とは、ぜんぜん、ちがう。
ステップがレベル4だったことも嬉しかったし!(*’▽’)

FSも楽しんで~。のびのびとした演技が見たいです。
結果はおのずとついてくるでしょう!!

そして、ちょっと気が早いんですが、
かわっていく、かわっていこうとする宇野くんが来シーズン、
どんな新プログラムを見せてくれるのか、すごく楽しみです。

しあわせ全開なプログラムがいいナ。

お、もうFSの放送始まる!

※画像は「世界フィギュア2021」女子SP,男子SPからです。