広告

2017年と2019年の国別の宇野くん

宇野昌磨

世界フィギュアスケート国別対抗戦。
宇野くん、
オリーブ冠とか花冠とか、似合ってたよねー。(*’▽’)

ということで、冠姿を集めよう、そして、愛でよう。
と、2017年と2019年の国別を見ました。

で、見てしまったら、冠姿を集めるだけじゃなくなることは、
みなさま、お分かりになると思います。笑
かなーり、がっつり、見ちゃいましたよ。
ま、結果的にはすごく楽しかったのでいいんですけど。

国別対抗戦2017年

まずは、2017年。
ラベンダーとロコの年です。
チームJAPAN優勝の年です。

これは、リボン冠。

金メダルです。そして、オリーブ冠です!

やっぱり似合う~。

すかさず、NHK杯のオリーブ冠も。

似合う~。

こんなに似合うの、何故でしょう。
頭の形?顔の大きさとの比率?
――とにかく、もろもろ絶妙。
まるで、宇野くんのためだけにあつらえた特注冠みたい
ぴったりなのが、すげぇです。


2017年のチーム演技は「PPAP」
ああ、流行ったなぁ。なつかしい。4年前かぁ。

手のポーズが上品。

宇野くんも新葉ちゃんも初々しいし、舞依ちゃんふっくらしてるし、
明るく盛り上げてくれているクリス・リードさんの姿もあって、
見るほどに、楽しさと切なさが、収拾つかなくなる2017年国別でした。

国別対抗戦2019年

2019年。
天階と月光の年です。
失意のワールドの翌月です。
あ、SPは天階から冬に変更でしたね。

チームJAPANは2位だったので、オリーブ冠はありませんでした。
残念。

しかし、花冠はありました!

花冠も似合う~。

宇野くんと美穂子コーチ。
はたして、これほど花冠の似合う師弟が、世の中に他にいるでしょーか?
いや、いない!
って、断言したいほど、花冠の似合うふたりです。(*’▽’)

キスクラ、みんなで JOJOポーズ。
ひとりクオリティの高い刑事くん。笑

うさぎ冠も。

うさぎ冠も似合う~。

2019年のチーム演技は「平成ヒット曲メドレー」
平成最後の試合だったから。

うおっ、「平成」まで懐かしくかんじちゃう。
たった、2年前。
でも、いろいろあったからね。宇野くんにも、世界にも。
(わたしは、そんなに いろいろ ないが。笑)

かわいいカップルダンス「だんご3兄弟」
フィニッシュポーズ

さすが、フィギュアスケーター。
チームJAPANみなさんのフィニッシュ、立ち姿の美しさに見惚れました。

国別は「スタート」という位置づけ

もしかして、ねむいの?お腹へったの?笑

全日本選手権、世界選手権が終わって、
また一歩先に踏み出したいと思いました。
国別対抗戦が、シーズン初戦の気持ちで、
ここからまた始まる第一歩、『スタート』という
気持ちを込めてこの言葉にしました。

テレ朝POST フィギュア国別対抗戦 出場選手意気込み より

やっぱり、シーズンの〆は世界選手権よね。
宇野くんにとって、国別はシーズン初戦という位置づけ。

2019年の時も言ってました。

「来シーズンに向けて ここからスタートしたい。」

3A-4Tに挑戦しましたね。
TVでは、3A-4Tコンビネーションへの煽りがすごかったですが、
わたしは4F-3Tコンビネーション成功の方が、涙が出るほど、うれしかったナ。

2021年国別は、どんな「スタート」を見せてくれるのでしょう。
楽しみですね。
チーム演技も楽しみ。オリーブ冠姿も見られるといいな。

開催地は大阪。
うーん。連日の新型コロナ英国変異株ニュースが~。(>_<)

どうか、選手の皆さん、観戦に行かれる皆さん、
くれぐれも健康に気をつけて、でも、とことん国別を楽しんでください!

※画像は テレ朝「世界フィギュアスケート国別対抗戦」2017年、2019年
 「テレ朝POST フィギュア国別対抗戦 出場選手意気込み」、NHK杯フィギュア2018、
 フジテレビ「めざましてれび」からです。