広告

本郷理華という大輪の花

女子シングル

6月16日
フィギュアスケーター本郷理華さん引退の報。

以下は、理華ちゃんのインスタからです。
彼女の誠実な人柄が出ている素敵な文章なので、
長めに引用させていただきます。

この度私事ではございますが、
現役を引退する決断をしましたのでご報告させていただきます。
(中略)
ずっとスケートしかしてこなかった私が、
一度スケートから離れてから、戻ってくる事ができたこと、
そこで自分なりの目標を達成しつつ、
スケートが好きだと言う気持ちを取り戻せたことはとても大きかったです。
それと同時にやはり楽しいだけではやれないし、
やるからには結果を残したいと思っていたシーズンでもありました。

全日本を終えてたくさん考えて、自分の今の実力、結果、
コロナでカナダへ行く事ができない状況など
あと一年やるかやらないか迷った時、
現実的に考えて引退を決めて次の道に進み、
頑張っていこうと決めました。
(後略)

引用:本郷理華さんインスタグラムより
本郷理華さんインスタグラムより

「町田くん選出の全日本選手権スペシャルアワード2020」での
カムバック賞 受賞を喜んだばかりだというのに…。

舞依ちゃんと同時受賞の「カムバック賞」

残念です。とても。

しかし、理華ちゃんの引退を決意した言葉はとてもまっすぐ。
誠実で、潔くて、地に足がついていて、
彼女がきちんと自身の気持ちに向き合って出した決断だと分かります。

一ファンとしては、
一度は休養しながら、ちゃんと戻ってきてくれて、
全日本という舞台で再び演技してくれたことに感謝します。

素敵な演技をありがとう。おつかれさまでした。
ただただ拍手を送りたい。
そして、理華ちゃんの前に広がるすてきな未来を祈ります。

理華ちゃんの演技と言えば、

2015年GPシリーズ中国大会FS「リバーダンス」
2017年全日本選手権SP「カルミナ・ブラーナ」

どちらも観ている人たちを本郷理華の世界に引き込む
大きな、すばらしい演技です!

リバーダンス

今記事を書くにあたり、
2015年GP中国の「リバーダンス」の映像を探しました。
録画をダビングした円盤。
でも、ないんですよ!

いや、そんなわけないし。
理華ちゃんのステップの時の笑顔、がんがん覚えてるし。
しかし、大量のダビング円盤をひっくりかえして何度探しても、ない。

どうやら、ダビングしてなかったみたい。
ショックですが、同時に理華ちゃんの演技のスゴさを
改めて確認した思いです。

だって、わたしの頭の中には
こんなに鮮明に
本郷理華の「リバーダンス」が残っているんです。


たしかに何度も見た。何度もリピートした。

それが脳内再生だったとは。驚く。

カルミナ・ブラーナ

2017年全日本。
平昌オリンピック出場のかかる全日本。
2枠を争う実力者揃いの女子選手たちの中で、
理華ちゃんのSP「カルミナ・ブラーナ」は3位。

でも、わたしがいちばん心震えたのは、 
本郷理華の「カルミナ・ブラーナ」です。

以前
「非スケオタが選ぶBEST3演技」という記事を書きました。

非スケオタが選ぶBEST3演技

わたし以外、全員アニオタ
フィギュアスケートに全然興味ないうちの家族が
全員一致で1位に上げた演技が

2017年全日本フィギュア 本郷理華「カルミナ・ブラーナ」です。

この時の記事タイトルは
「非スケオタ選ぶBEST3演技」ですが、

非スケオタだけじゃなく、
非スケオタ選ぶ演技」とするべきでした。

スケオタも非スケオタも選ぶ演技が、
本郷理華の「カルミナ・ブラーナ」です。

本郷理華のリバーダンス
本郷理華のカルミナ・ブラーナ

こんなふうにプログラムに名前を冠して語られる選手は、
そうそういないです。

本郷理華選手の演技は、
大輪の華の如く鮮やかに、多くの人たちの記憶に心に刻まれ
これからも語り継がれていきますね。絶対。
これは、確信。

理華ちゃん、ありがとう。
何度でも言いたい!素敵な演技をありがとう!!!

※画像は「本郷理華さんインスタグラム」
「フィギュアスケートTV!」「全日本フィギュア2020」からです。