広告

宇野昌磨表紙Update(一部、裏表紙。)

宇野昌磨

2019年10月31日の記事

宇野昌磨表紙、全部推し!(一部、裏表紙。笑)

で、本棚から持ってるだけの宇野くん表紙雑誌を並べました。

じゃーんんんん。(←余韻)こんなふうに。↓

宇野くん表紙。一部、裏表紙。(笑)

6/23発売の『Quadruple Axel 2021 シーズン総集編』は、宇野くんの表紙。

お、ちょうどいいや。(なにが?笑)と思い、
あれから着実に増えている「宇野昌磨表紙」を並べてみることにしました。
updateです!

Update

じゃーんんんん。それが、こちら。↓

宇野くん表紙アップデート。一部、裏表紙。

たぶん、これで全部。……たぶん。(^-^;

前回記事からだいたい1年半。
しかし、勝手に決めた 個人的推し表紙No.1 は変わっていません。

アップ部門1位

全身部門1位

やっぱり良いですね。(*’▽’)

Quadruple Axel 2021 シーズン総集編

Amazonから届いた『Quadruple Axel 2021 シーズン総集編』
の表紙を見た瞬間、なぜか既視感。

「あれ?これ、持ってるんじゃね?」
デジャブ。

並べて分かりました。これね。↓

似てる。みなさんは思いませんでしたか?

『Quadruple Axel 』はいつも読み応えがあるので楽しみ。
写真部分はもちろん、テキスト部分も満足させてくれる
丁寧な作りが嬉しいです。

「継承プロジェクト対談 町田くん×刑事くん」楽しみ~。
連載も楽しみ~。
「若きスケーターへの手紙」(by町田樹)、
「コーチインタビュー」(今回はランビエールコーチ)
「個性を磨く振付師の力」も。

まずは、宇野昌磨独占インタビュー

とりあえず、宇野くん独占インタビューは読みました。

・「ボレロ」も「オーボエ」も ポージング大事。
・「ボレロ」は今までのフリーよりもステップが長い。

力強い部分が多いからこそ、逆に僕が意識したいのは
力を抜く部分で(後略)

『Quadruple Axel 2021 シーズン総集編』p.13,16より

まさに、それね!
強弱つけた完璧ステップな「ボレロ」見たすぎる~。

あとは

これまでは自分の現状に満足していましたけど、
いまは「もっともっともっと成長したい」と思っています。

『Quadruple Axel 2021 シーズン総集編』p.16より ※太字は引用者。

この言葉は良かったな。

「もっともっともっと成長したい」
「もっと×3」ですよ!
いいね×3!!!ですね。

鍵山くんのおかげかな。
「優真くんにすごくモチベーションをもらって」いるそうです。

そして、コロナ禍で
一度競技を引退した人がしばらく経つと
「もう一度スケートをやりたいと思うようになる」
という感情に近いものを味わったそう。
滑ることのできなかった期間がスケート愛に火を点けたのかな。

正直、いつやめるかは本当にわからないですけど、
間違いなく来シーズンではないな、と思っていて(笑)。

『Quadruple Axel 2021 シーズン総集編』p.16より

よかった。
もっと×3、いやいや、もっと×∞(無限大) 成長する宇野くん
まだしばらくは、応援できるということです。

2021-2022シーズンが始まります。