広告

2021-’22シーズンのスタートです!

宇野昌磨

新しい年が始まりました~。(*’▽’)
GPシリーズのアサインが発表されましたね!

ISU Grand Prix - International Skating Union
The International Skating Union is the international sport federation administering Ice Skating sports throughout the world.

宇野くんはスケートアメリカ(10/22-24)とNHK杯(11/12-14)です。

GPシリーズアサインMen ISUホームページより

第1戦と第4戦。いいですね~。

温かい声援が、どん底から立ち直るきっかけとなったフランスのファンの方たちに
笑顔の新生宇野昌磨を見てもらえないのは残念ですが。

日本人スケーターの出場予定大会はこちら。

日本スケート連盟Twitterより

スケートアメリカ

行きたい第一希望。アメリカ。りくりゅうもいます!
や、行けないけど。(^-^;

スケートアメリカ、宇野くん久しぶりですね。
でも、アメリカ大会と宇野くんの相性は◎というのが、
わたしの印象です。

2015年シニアデビュー1戦目で堂々の銀メダル!

出し惜しみ感ゼロ!あくまでも全力!
といった、勢いのある滑りがまことに気持ち良かった。

2016年SP1位、FS1位の完全優勝!

気合い十分なロコでした。
カメラも気合い十分で、スタート地点に立った宇野くんに
いったいどこまで寄るんじゃ?ってほどなズーム。笑↓

どーん。
どどどーん。

スケートアメリカは観客が少ない(最近は王者ネイサンがいるので、満員御礼!)
ですが、ノリの良いお姉さん方の
ひゅーひゅーな歓声がうれしかった。

今年もそんな歓声をぜひ聞きたいです。


NHK杯

NHK杯も豪華メンバー。りくりゅうもいます!

NHK杯と言えば、もちろんオリーブ冠。笑

2018年は、

宇野くんの初NHK杯なんだから!絶対、絶対、行くんだからっ!!

という執念で、越後から広島へ出かけました。
遠かった~。(‘Д’)
執念って、すごいです。
チケットも遠~いツテでも、とにかくgetできた。
奇跡。
人間、想えば叶う。(……こともある。笑)

今年は東京代々木体育館。
距離だけならば、広島に比べれば全然近場。
庭みたいなものです。笑

しかしアクセスが良いぶん、チケット争奪戦は厳しいこと必至。
羽生くんも出場予定ですし。

せめて、新型コロナの収容人数制限はないといいですね。
そして、
新潟県人が普通に県境を越えられる世の中になっているといいナ。( ;∀;)

それでは、最後になりましたが、

あけまして、おめでとうございます!

今年もスケーターのみなさんが、
怪我なく、悔いなく、自身最高の滑りができる1年でありますように。

※画像は「レジェントプログラム」「2016GPアメリカ大会」「2018NHK杯」からです。