広告

SB更新!スケートアメリカ2021三浦璃来/木原龍一ペア

ペア

わたしの1日は、何故に24時間しかないのか?
少なすぎる!
おい。( `ー´)ノ
1日が24時間なのは、あなただけじゃないでしょーが!
と、自分ツッコミ。
時間は、平等。

圧倒的に時間が足りない~。
スケアメ、まだ女子全部見てない。アイスダンスも。
EXは宇野くんしか見てないし。

特典映像とかいうのがあることに
今日気づいちゃったしー。
公式練習やインタビューや。(*’ω’*)
今まで気づく余裕すらなかった。笑

でも、気づいたら逆に困ったよ。

1日は24時間しかないんだよー。
配信は11月1日までしかないんだよー。
スケートカナダが始まるんだよー。
どーするんだよー。

(-.-)

・・・記事書きますね。

ネイサン・チェン選手
FS「モーツアルトメドレー」のカッコよさ。
ヴィンセント・ゾウ選手のきれいな涙。
ネイサン・チェン選手の衣装。(笑)など・・・
語りたいことはたくさんあります。

が、

今回は、みごと
銀メダルを獲得したりくりゅうについてです。

9月に行われたオータムクラシック
SP:72.32 FP:131.74 合計:204.06
で優勝に輝いたふたり。

スケートアメリカでは、SP、FP共に、
シーズンベストを更新です!

SB更新SP

りくりゅうのSP。

緊張しすぎて、すごく疲れた。
わたしが。笑
応援って、ほんと、疲れますね。

スタート地点に立った木原くんの笑顔が、
いつもと違うように感じました。

緊張感からの 逆に満面笑顔 なかんじ。

ほら、なんか笑い過ぎなかんじ。↑
違ってたら、ごめんなさい。m(_ _)m 

だから、もう、最初っから肩に力入って、
手に汗握って、息も止めていた。
わたしが。笑

しかし、そんなわたしの勝手な心配をよそに、
冒頭の3ツイストリフトからすんなり、軽やか。
サイドバイサイドの3Tもふたり共に着氷。
スロー3Lzも鮮やかに成功!

そして、
心が浄化されるハレルヤのステップシークエンス~。

SP:72.63
シーズンベスト更新!の3位発進。

これは、表彰台も十分ありうるな。と

SB更新FP

フリーは、用事があり、リアルタイムで見ていない。
しかも、どきどきするのが苦しくて、
結果を確かめてから見た。
へたれ。笑

FP「ウーマン」美しいふたり。
心臓の音まで聞こえそう。

「ハレルヤ」から一転、メロウな雰囲気の「ウーマン」。

しかし、
りくりゅうは、どこまでも笑顔でありました。(^^)/

3ツイストリフトの安定感。
3T+2T+2Tみごと。
5アクセルラッソーリフト。

順調順調と、思っていたら、
失敗するところをあまり見たことがない
スロー3Lzが、珍しいくらいに大きな転倒。
壁に激突。でも、すぐに演技に戻る璃来ちゃん。

ペアスピン◎。
緊張のサイドバイサイド3S成功!

このあたりからですよ。

ふたりの演技がどんどん加速していくように
盛り上がっていく。

ふたりとも笑顔。笑顔。笑顔。

5リバースラッソーリフト
スロー3Lはきれいな流れ。
璃来ちゃんのスロー、やっぱりいいなぁ。

デススパイラル
グループ4リフト

璃来ちゃんを高ーくリフトしながら
ずーっと笑ってる木原くん。笑
璃来ちゃんの身体を顔の前でぐるんと回しながら
ずーっと笑ってる木原くん。笑

ラストのコレオシークエンス~

じゃんっつ!!!

ラスト、ふたりともに笑顔。
やったー。(^^)/

FP:135.57
こちらもシーズンベスト更新です。

銀メダルおめでとう

合計:208.20で、表彰台。
しかも、銀メダル!

日本人同士のペアでGPシリーズの表彰台は初。
しかも、銀メダル!!

これは、GPファイナル進出も十分ありうる。

りくりゅうがEXに出なかったのは、
璃来ちゃんの膝の痛みが原因とのこと。
スローでの転倒、痛そうでしたもん。
なのに、演技中はぜんぜん、痛くなかったって。
アドレナリン全開。さすが。

NHK杯までには良い状態になっていますように。
NHK杯でもふたりの笑顔を見たいです。

ふたりの笑顔の演技は、見る者を幸せにします。

銀メダルおめでとうのインタビュー、
インタビュアーの方が木原くんに聞いた言葉。

「名前を売りたいと以前言っていた。
でも、安売りはしたくないと。
今回でじゅうぶん、売ったんじゃないですか?」

FPの演技の激しさに、喉が痛くなり
実は演技中に笑い過ぎたのが原因だったりして…。(^-^;
声があまり出ない木原くんの言葉を璃来ちゃんが代弁。

「まだまだ。」
「もっと高値で売れるように。」


※画像はテレビ朝日「GPシリーズ2021第1戦アメリカ大会」からです。