広告

フィギュアスケーターの中殿筋 代表:宇野昌磨選手

宇野昌磨町田樹

GPシリーズ第3戦イタリア大会が始まりました!
試合を見れば、いろいろと書きたくなる。
なのに、試合を楽しむと書く時間はなくなる。
ジレンマです。

それ以上に
配信が充実し過ぎていて、すべて堪能するには
時間が足りなさすぎる~。
配信を購入したスケートアメリカ、
結局、全体の半分、見ることが出来たか…。

いや、充実しているのはほんとに嬉しいんですよ。
買って良かった!って思います。
GPシリーズが過密スケジュールすぎるだけです。
見る方にも。(^-^;

スケートカナダはすっかすかのTV放送で
満足してしまいました。
購入しても見るの無理だな~と。

でもイタリア大会の放送はまたないので、
購入するつもりです。
って、もう、始まってますね。笑
リアルタイム視聴は端から諦めているという…。

NHK杯フィギュア2021全種目生中継

そうです!
来週11/12からはNHK杯が始まってしまいます。

ここにきて
羽生結弦選手と紀平梨花選手がともに欠場。

けがは怖い。(-_-メ)

羽生選手は平昌シーズンを思い出しました。
あの時は
NHK杯公式練習で右足首靱帯損傷、直前欠場。
同じ箇所でしょうか…。

ふたりとも、
全日本までにはなんとか治してほしいです!
そして、選手のみなさん全員、
くれぐれもケガなく!

NHK杯フィギュア見どころは筋肉?

近づくNHK杯に
毎年恒例(?)の見どころ宣伝CM。

宇野くん初出場の2018年は、
宇野くんの天然を全面推しした
映像が流れた記憶が。(^-^;

今回もアイスダンス、男子シングルの見どころと、
それぞれ かなだい、羽生くん宇野くんが
放送を宣伝していますが、
それとは別に
「筋肉アワー フィギュアスケート編」
などというものが!

「筋生理学者・谷本道哉とトップアスリートが
5分間”筋肉”を語り合うだけの番組」

(‘Д’)は?

語り合うトップアスリートは
國學院大學 人間開発学 助教・町田樹

”筋肉”を語り合う場所は釣り堀

(‘Д’)は?

……とにかく、
いろいろツッコミどころありな番組でした。

町田くん登場早々、
あいさつ代わりに交わされる会話。

谷本先生「さわやかですよ。ボタンいっぱい外してるし。」
町田先生「外しすぎましたかね?」
谷本先生「第2までかな?でも印象は第3くらいまで開いてる。」

印象は第3くらいまでボタン外してる「さわやか」町田くん。

シュール。笑

第1回は谷本先生がフィギュアスケーターで
いちばんかっこいいと思う筋肉「中殿筋」のお話。

中殿筋とは・・・
脚を後ろに蹴りだす動作や踏み込みに使う筋肉

なるほど~。
まさしくフィギュアスケーターが発達する筋肉ですね。
お尻の筋肉。

町田先生
「スケート靴という重りをつけながら足を自由自在に・・・
ドラゴンボールで精神と時の部屋で重りをつける悟空が
重りを外して軽い体になって戦っていくんですけど、まさしく・・・」

谷本先生
「ドラゴンボール、見てない。」

町田先生
「え~。せんせい、ドラゴンボール見てないっ!?
あー。ざんねんだな~。」

谷本先生
「ドカベンなら分かりますよ。」
「(それは)大リーグ養成ギプスみたいなかんじですかね?」

町田先生
「あー。そういうのがあるんですね。」

谷本先生
「また違う世代かもしれない。」


ドラゴンボールを見てないと言われ、
とことん残念そうな町田くんがおもしろい。

ドラゴンボール、ドカベン、巨人の星
こんなところでジェネレーションギャップですか。
とにかく、会話がみごとにすれ違う。笑

そして、みごと(?)
「美・中殿筋」代表として選ばれたのが、
宇野昌磨選手!

谷本先生
「宇野昌磨選手のプリっとしたお尻はあそこでファンになってる人も」

↑この写真チョイスしたひと、
きっと、「これだ!」って思ったはず。笑
まー。すばらしい中殿筋。

町田先生&谷本先生
「お猪口置いて、晩酌できるんじゃないか。」
「着氷した瞬間の尻に置いてみたくなる。」
「エスプレッソくらいなら置ける。」

・・・(^-^; おい。


筋生理学者・谷本道哉氏いわく

「かっこいい筋肉を鑑賞するのもスポーツ鑑賞のひとつ。」

だそうです。
NHK杯フィギュアの新たな見どころですね。

それにしても、イタリア大会見ずに書く記事だろうか?(^-^;

※画像は「NHK杯フィギュア2021男子見どころ」
「筋肉アワー フィギュアスケート編」からです。