広告

実力でもぎとった3位/友野一希選手のGPシリーズ第6戦ロシア大会2021

男子シングル

イタリア大会フリー終わった友野君くんが
キスクラで思わずというように言った言葉。

「もっかい、やり直したい。」

順位こそ6位ではあったけれど、
ジャンプの調子はいいし、上位との点差はそれほどでもなく、
FS次第では台乗りも狙えるのではないかと・・・
そんな期待を抱かせるSPでした。
友野くん自身も手応えがあったのではないのかな。

でも、もう一回はないのだよー。(>_<)

SP首位発進

そして、ロシア大会です!
イタリア大会の悔しさを確実に糧にした友野一希選手が、
素晴らしい演技を見せてくれました!

SPはパーソナルベスト更新の95.81点で、1位発進!!!

晴れた空が友野くんの頭上に広がっているのが見える。

ジャンプはどれも美しく…。
特に冒頭の4T-3Tの完成度はすごかった。
高く美しく、完璧。

演技自体も
「ニュー・シネマ・パラダイス」の叙情的な世界観を
余すところなく伝えてくれた。
たっぷりの情感をべたべたした甘い感じではなく、
爽やかと静かな哀歓に転じて演ずることができるのは、
友野くんだから。

フィニッシュ後、拳を握り
「よくやった。」と自分自身に頷く友野くん。
いい演技だったよー。

パーソナルベストが出たキスクラで
クールな平池コーチに
「ほら、僕、よくやったでしょ!」
って言っているかんじの友野くんにまた感動。

「おー。よーやった。」
と言うように、がっしり友野くんの肩を抱く平池コーチにまた感動。

熱のこもったFS

FS168.38点もパーソナルベスト更新。
合計264.19点もパーソナルベスト更新です。

3位銅メダルおめでとうございます!

キスクラのお2人にSPの時のような喜びが見られないのは、
まだまだいける!こんなもんじゃない!
という意志のあらわれでしょう。

ロシア大会2021男子シングル総合

1位:クビテラシビリ選手 266.33点
2位:コリヤダ選手 264.64点
3位:友野選手 264.19

この結果見ると、本当にもう少しだったって思う。
1.1倍の後半ジャンプが決まっていれば~。
3Aの転倒は痛かった。(;O;)

しかし、演技は友野くんが一番良かったと思います。
熱のこもったあのコレオに心を掴まれない人間は皆無だと言いたい!
心を掴まれない人間は、きっと人間ではないと言いたい!
ジャンプの失敗なんて些細なことだと言いたい!
それくらい素晴らしかったです。

どうだ!

友野くんの演技後インタビュー

(ジャンプは悔しかったけれど)
この3位はこの4年間で世界選手権から
しっかり実力でもぎとった3位なので
なんか今までにない感じというか・・・

今までは「あれ、とっちゃった」という感じだったんですけど
今はしっかり自分の実力でとれたので
それがスゴイ良かったなって思います。

GPシリーズロシア大会2021 友野一希 インタビューより ※太字は引用者

冷静にインタビューに答える友野くん。
すっかり落ち着いた雰囲気で、分析。
2018年ロシア大会の3位とはあきらかに違うという。
これは、これからの友野一希の飛躍に期待できますね~。
自分を客観的に見ることが出来、地に足がついている。

今年の全日本は

昨年の全日本は6位。
「今までで一番と言っていいくらい努力してきたので、
それをすべて棒に振るような演技をしてしまって」

と語った友野くん。

全日本の公式練習が終わった後にいきなり先生(平池コーチ)が
めっちゃ嬉しそうに「お前、やっぱ上手なったわ」と、すごい笑顔で。
(中略)
僕も「あ、頑張ってきてよかったな」と思えて。
それが、僕の中で一番嬉しくて。

だから、そのぶん試合後は、先生と2人で「ああ、なんでやろな」って
へこんでたんですけど(笑)。
先生の方がたぶん僕よりショック受けていて、
僕も先生にもっと笑ってもらえるような試合をやりたいんですけど
(中略)
だからこそ、今度はちゃんと試合で先生に成長した部分を
見せられればいいなと思いますし、先生もそれを一番望んでいると思うので……。

出典:2021年1月30日扶桑社発行『フィギュアスケートLife Vol.23』p.70
友野一希×須本光希 新春オンライントークショー① ※太字は引用者

全日本での
「更なる成長の演技」と「笑顔のキスクラ」
楽しみにしています!

※画像はテレビ朝日「GPシリーズロシア大会2021」からです。