広告

いよいよ明日開幕!全日本フィギュア

フィギュアスケート

滑走順

SPの滑走順が決まりました。

●男子シングルSP滑走順

|Japan Skating Federation Official Results & Data Site|

1番滑走は三浦佳生選手!
熱く激しいスタートが期待できそうです。
宇野昌磨選手は23番。
続けて、
羽生選手24、田中刑事選手25、山本草太選手26、友野一希選手27番。
まさに、怒濤。
佐藤駿選手29、鍵山優真選手31。
トリは本田ルーカス剛史選手。

わたしが今回楽しみにしている選手が
6番滑走の吉岡希選手。
かれの滑りのえらく淡泊なところが、けっこうツボなんです。
感情のべたつき感がない。
もしかしたら、それが逆に欠点かもしれないですが。(^-^;
決まるとすっごくきれいなジャンプも良いです。

それと、宇野くん!

https://news.yahoo.co.jp/articles/f56bcf7acd469be692689da6a65cdfb3ef6be4e1
4日前にフリップ跳んで、右足首負傷。
今日の公式練習で負傷後初めてジャンプ跳んだって。
思ったほど痛みはなく、普通にジャンプ跳べたから
もし演技が悪くても、それは自分の調整不足であって、ケガのせいではない。
ケガは言い訳にならないから、ケガしたことを公表した。
痛いままだったら、言い訳になるから公表しなかった。

↑意訳、こんなかんじでOKかな?
まことに宇野くんらしい考えです。

本当に日本のレベルはすごく高くて、
なので選考に少しでも引っ掛かるように、いろんな基準がある。
それを1つでも満たすために、全選手がいろんな努力をしてきました。
最終選考、一番大事なものだと考えてはいて、もちろん全力でやりますけど、
まとめにいくような試合はせずに、自分が成長できる試合の1つにしたい。
(※太字、引用者)

日刊スポーツ 2021.12.22 17:17配信「宇野昌磨4日前に足首負傷を明かす「発言するか迷ったんですけど」」より

「まとめにいくような試合はせずに、自分が成長できる試合の1つに」
こちらも宇野くんらしい。

そして、
五輪選考他、
2021-22 シーズン国際競技会派遣選手選考のいろいろな基準がある中、
「それを1つでも満たすために、全選手がいろんな努力をしてきました。」

これね!
その努力をして全日本に辿り着いた
全選手の本気の演技が見られることを期待します。

あと、宇野くん。
ほんとに足、痛くないの~?(^-^;

●女子シングルSP滑走順

https://www.jsfresults.com/non_responsive_toppage.htm?figure_top.htm%2CNational/2021-2022/fs_j/nationalsenior/index.htm

竹野仁奈選手が1番滑走です。
やっぱり1番最初って、緊張するでしょうね~。
お姉さんの竹野比奈選手は6番。

中井亜美選手4番。
亜美ちゃん、初全日本楽しみです。
わたしが生応援できるように、
ぜひともFSに進んでくださいね!

樋口新葉選手19、三原舞依選手21、坂本花織選手24、宮原知子選手26番。
このあたり、ドキドキしますね~。

山下真瑚選手28、松生理乃選手選手29番も気になります。

そしてトリは青木裕奈選手30番。
今年もエレガントな滑りを見ることが出来ることが
うれしいです。(*’▽’)

アイスダンス
4組がエントリー。
やはり注目は、かなだいとココ組。
目が離せないです。
平山姫里有/立野在 組も注目!
インスタフォロー中。笑

ペア
柚木心結  /市橋翔哉1組がエントリー。
市橋くんだ。(*’▽’)

紀平梨花選手の欠場

JSFのサイトに紀平梨花選手が
第90回日本フィギュアスケート選手権大会を
欠場するとの正式なお知らせがありました。

https://www.skatingjapan.or.jp/common/img/info/21nc_Rika%20Kihira.pdf

りくりゅうの欠場のお知らせも。

https://www.skatingjapan.or.jp/common/img/info/21nc_Riku%20Miura_Ryuichi%20Kihara.pdf


梨花ちゃん、「右距骨疲労骨折」だったんですね。
7月に発覚してから、右足関節の痛みが引かないとのこと。
やっぱり、ジャンプを跳ぶ衝撃が原因でしょうか。

治りかけ、練習を再開し、また悪化させる。
……負のループを想像しました。(>_<)

ここは本当に治療だけに専念し、ぜひ、完全に治して欲しいです。

わたしが梨花ちゃんですごく印象に残っているのが、
2018年長野の「Heroes & Future 」。
頭から一回転する勢いの怖いジャンプの転倒で、
観客から悲鳴が上がったくらい。
なのに、当の梨花ちゃんはすぐに立ち上がり、
なにごともなかったかのように演技を続け・・・。
そのとき、彼女の身体能力の高さに驚きました。
転倒からの立ち上がりが、しなやかで敏捷で、
まるで、ネコ科の動物みたいに思えました。

また稲妻みたいな鮮烈な演技が見られる日を
待っています。

「全日本フィギュア2020女子シングル」より