広告

全日本フィギュア2021生観戦記 宇野昌磨選手FS公式練習

宇野昌磨

第90回全日本フィギュアスケート選手権大会。

わたしがチケットをゲットできたのは
12月24日:ペアSP、男子SP
12月25日:アイスダンスFD、女子FS
の2日間です。

26日はチケットの抽選に応募しましたが、あえなく落選。
北京オリンピックへの男子FSの戦いは
TV観戦決定となりました。

まあ、代表発表もあるし、競争率いちばん高そうだもんねー。
雪もひどくなりそうで、新潟に帰れなくなると困るし、仕方なし。

あと、

「全日本で大きなミスをして
(五輪)選考から落ちるって可能性も絶対あるとは思うんですけれども」


なんてさわやかに宣う宇野くんのボレロを
会場で正視出来る気もせず…。

なによ、この清々しさは!(怒)w

実は、チケット落選、
これ幸いな思いもあったり…。(^-^;

ヘタレ女めー。それでもファンかー。
仕方ないだろー。
ファンだからこそ、ヘタレになるんだよー。

しかし25日の試合前に男子の公式練習があるから
開場と同時に入れば後半グループは見られるかもと
親切なスケ友さんから教えていただき、
それは!行くでしょう!と。

12月25日 公式練習

開場が13時40分。
男子の公式練習を見ようと
さいたまスーパーアリーナに着いたのが、13時15分。

すでに、びっくりするくらいの長蛇の列。
列どころか、面。笑
ディズニー真っ青。笑

これは、入れたころには公式練習終わってるなと
諦めましたが、どうやらあまりの長蛇の面の凄まじさに
主催者側が(びびって?)開場時間を早めてくれたよう。

やっと入口見えてきたー。

わたしが席に着いた時は
男子FS 第3グループの公式練習の途中でした。
刑事くんの曲かけがちょうど始まったとき。

公式練習をこれほどちゃんと見るのは初めて。
あきらめず、長蛇の列に並んでよかった!
実は「こりゃ無理だナ」と、
一度は本屋に行きかけた。紀伊国屋。笑

第3グループの練習が終わり、次は宇野くんたち最終グループ。
三宅星南、三浦佳生、山本草太、鍵山優真、宇野昌磨、羽生結弦
6選手。(敬称略)

う、わーい。!(^^)!

開演2時間前にもかかわらず、
席はかなり埋まっていました。
選手がジャンプを跳ぶたびに拍手が沸き起こる。

そんななか 
宇野くん(ミントグリーンのmizunoさんUNO1Tシャツ着用)は、
ひたすらリンクを周遊。黙々と周遊。


まあ、羽生くん以外(笑)は皆が黙々と練習しているのだけれど、
それでも宇野くんの様子に
他の選手以上の「黙々と」具合を高く感じるのは
ジャンプをほとんど跳ばないせい。

稀に跳んでも、成功せず、ぐしゃりと崩れるかんじ。

これは……。
足なの?右足?痛いの?大変なの?
他の選手に目がいかなくなりました。
でも、宇野くんだけを見れば見るほど、
調子の悪さが伝わってきて、
どんどん不安になるという……。

爆速を目撃

おろおろしているうちに
宇野くんに曲かけの順番が回ってきました。

ボレロの音楽が始まっても、
宇野くんは演技を始めませんでした。

この日のわたしの席は、ショートサイドの200レベル。
ロングサイドのほぼ中央だった昨日の席よりも上の席で、
ちょうど良い具合にリンク全体を俯瞰できる良席。

ですので、宇野くんの動きもすごく良く分かる。
そもそもがストーカーばりに
宇野くんだけガン見ですから。(^-^;

そのときです。

反対サイドにいた宇野くんが

ぐいい~~~ん・・・

と、一気にこちらのサイドまで滑り来る!
60mを一息に。

は、はえ~。爆速っ!!!

2019年全日本四連覇のあとで、
自身演技のアイスタッツを見ながら、

「ぼく、こういうの好きで。一瞬、速くなればいいんだナと思って。」

30km/h 目指して、最初のジャンプまではめちゃめちゃスピード出そうかと…」

って言っていた宇野くんを思い出しました。

宇野昌磨ステルス機説(仮説)

今の、時速30キロくらいは出てたでしょう!余裕で!

ぐい~~~~ん、って。( ゚Д゚)
気持ちいー。( ゚Д゚)

まるで、
ジャンプがうまく嵌らないもどかしさ(?)を
一瞬でぶった切るかのような爆速スケート。

良いもの見ました。

ボレロの曲が終わると、公式練習の時間がまだ
残っているにもかかわらず、観客への挨拶を終え、
ひとり練習を切り上げる宇野くん。

わたしも退出。
アイスダンスFD始まる前に紀伊国屋。

さいたまスーパーアリーナの外は、
風がずいぶん冷たくなっていました。

その風に身を縮ませながら、宇野くんの爆速スケートを思い出す。

ぐい~~~~ん、って。

全日本の「ボレロ」

TVの真正面に座り、全力応援。
握りこぶし。
ジャンプの度に「よし!」って、叫びつつ、コタツ叩く。
会場にいるより応援おっきくなりますよね。笑

冒頭のループとサルコウは、
昨日の公式練習でのジャンプの不調からは想像できないキレイさ。

4T1本目転倒。
2本目コンビネーションにできず、リピート。

やっぱり「ボレロ」は高難度プロですね~。
ひとつ崩れると、リカバリーが難しい。
次から次へとラストまで要素が続く。
ラストまで駆け抜ける。

FS:3位 193.94 
総合:2位 295.82

「ボレロ」アイスタッツ

「ボレロ」アイスタッツ。最高時速26.7km/h

これ見ると分かる。
公式練習のあのとき、時速30km以上出てたの確実だナ。

つくづく、良いものを見ましたよ。

そして宇野くん、
北京オリンピック代表決定、おめでとうございます。!(^^)!

オリンピックでも、自身の目指す演技ができますように。


※画像は フジテレビ「全日本フィギュアスケート選手権 男子シングル」
「フジテレビSPORTS「キス&クライの真実…」からです。