広告

全日本フィギュア2021生観戦記 女子FS①

女子シングル

仕事が始まり天気が悪くなると、更新が不定期になる。
このブログあるあるです。笑

なんと、北京オリンピックまで1ヶ月ですよ!
しかし、
このブログは全日本女子FSの感想ですよ!
あいかわらずですねー。いまさらですねー。

全選手を語り倒したいのは山々(これ、ほんと。笑)
ですが、
それでは人生いくらあっても足りないので、
個人的に厳選した感動選手だけを語ります。
それなのに、1記事ではすまなくて、②に続くという…。
愛。(^-^;

柴山 歩 選手

全日本2021の女子シングルを見て、
いちばん感じたのが、ジュニアの勢いです。

その中でも、13歳の柴山歩選手はすごかった!
ザギトワ選手リスペクト『ドン・キホーテ』。

赤いチュチュが目まぐるしいまでのスピードで氷上に踊る踊る。
2017年ジャパンオープンで見た
ザギトワ選手が放っていた明るいオーラを思い出しました。

全日本という大舞台で
ノーミスしてのける物怖じしない思いきりのよさ。
全日本デビューでFSにすすんだばかりか、
そのFSは観客総立ち、スタオベの演技をやってのける。
末おそろしき大器。
もちろん、わたしもスタオベしました!
これからが楽しみな選手です。!(^^)!

放送では、彼女の演技のあとに観客席の
島田麻央選手が映りましたね。
全日本ジュニアで優勝したにもかかわらず、
ノービスであるために全日本にはまだ出場できなかった。
どんな思いで柴山選手の活躍を見ていたのでしょう。
来年は、わたしも! かな?

二選手はともに木下アカデミーの所属。
オリンピック選出みごと女子3人目となった河辺愛菜選手といい、
木下アカデミーが これからの日本女子フィギュアを
牽引する組織であることは間違いないですね。

10位 SP:62.48 FS:123.64 総合:186.12 

中井 亜美 選手

対して、わが推し中井亜美選手は、ホロ苦全日本デビュー…。
フリー進出ならず。

亜美ちゃんの初全日本を、
わたしは見ることが出来ませんでした。(ノД`)・゜・。
だから、これは生観戦記ではないです。
TVの前で、ドキドキしながら見てました。
正座して。笑

3Aに無理に挑戦する必要はないと思うゾー。
初全日本だからこそ挑戦したかったのかもしれませんが、
SPはまず、演技をきちんとまとめることこそを
一番に考えて欲しかったなぁ。
緊張感から抜け出せない。身体が思うように動かない。
そのまま、あっという間に時間がすぎてしまったかんじ。

いやいや、来年こそ!
キスクラでの輝く亜美ちゃんスマイルを期待しています。

27位 SP:52.65

渡辺 倫果 選手

『カルミナ・ブラーナ』すばらしかったです!

とにかくジャンプがうつくしい。

見よ!この流れ!優雅に舞い降りる鳥のよう。
スケーティングも大きく滑らかで、見ていて心地の良い滑りでした。
3A成功、おめでとうございます!
そして、FS4位、すごいです!

6位 SP:65.07 FS:134.08 総合:199.15

あー。すでにじゅうぶん、長いですね~。
このあとは、②で!近日中にup!

……予定です。(^-^;

※画像はフジテレビ『全日本フィギュア2021』からです。